そのすべてを 子どもとご家族の幸せに捧ぐ

 2010-12-31
平成22年12月30日の夕刻、祖母が亡くなりました。
大正4年に生を受け、そのすべてを子どもとご家族の幸せのために捧げた96年の生涯でした。

祖母は昭和11年、祖父と結婚しました。
昭和14年2月、身ごもっていた祖母を日本に残し、祖父は戦地へ赴きました。
4月に母が誕生しました。
我が子の顔を一度も見ることもなく、その年の11月、祖父は遠く中国の地で帰らぬ人となりました。

昭和15年、祖母は岡山市役所に勤務、昭和26年、岡山市初の公立保育園園長となりました。
公立保育園園長を歴任し、退職後に本園を創設しました。
働く母の先駆として、一切の妥協を許さず、生涯を、子どもの成長と、それを支えるご家族の幸せに捧げた人生でした。

祖母は、昭和62年に勲五等瑞宝章、平成4年に岡山県三木記念賞をいただきましたが、ただ子どもの成長とご家族の幸せだけを願い、社会福祉ということの魂を、いつもその生き方すべてで伝えているようでした。

高き山に咲くあの白ゆりのように、気高く高い理想に燃える保育を
そういう願いを込めて、本園は設立されました。
私たち家族の幸せも絆も、すべてはこの祖母の尊い志支えられいるのです。

私たちは、そのことを何よりの誇りに感じていました。
その祖母の志を、私は私のできることで、受け継ぎたい。
祖母のように、本物の教育者として子どもを育て、そのご家族の応援ができる人になりたい。

祖母は、年末の休日保育が終了するのを見届けるかのように、安らかに眠るよう旅立っていきました。
最期の最期まで、残された者に、その行く先を指し示すような祖母でした。

私たちは、出来る限りのことをして祖母を送り、そして、またその志を受け継ぐ一人として、これからも一人一人の子どもの幸せと成長を願い、そのことに真摯に向き合って行きたいと思っているのです。


にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

↑ 大切さを全国に伝えたい! 応援の1クリックを よろしくお願いします。 ↑
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobu1.blog117.fc2.com/tb.php/920-2317c2e9
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
Author:SHINOBU
新大阪教室

bnr_personal-osaka.jpg

今までにご覧いただいた方
 

百万アクセスまでがんばりたい

カテゴリ
最近の記事
月別アーカイブ