はまっちゃいました!手づくりの漢字の読み支援「学習カード」

 2008-04-26
これが今、2年生のお子さんの漢字学習に使用している実際の学習カードです。

DSC00263.jpg

30分以上この学習カードを使用して学習をしますが、それは楽しいものです。

大好きな「スイミー」を読みたいというモティべーションで、もう1学期に学習する漢字のほとんどが読めるようになりました。

きっかけは、「特別支援学級に行っている間に、大好きな国語がどんどん先に進んでしまって、わからない漢字がいっぱいになってつらい」というこの子の思いをお母さんから聞いたことでした。

味噌は主に2つ

一つは、裏を見ればすぐに答えが書いてあって、自分で学習できる。つまづいても、すぐに確認できる。失敗しても何度でもやりなおせる。がんばれば、かならずできる。

もう一つは、カードなので量が調整できる。スモールステップで達成感がもてる。やったカードがどんどんふえて形成的な評価ができる。

画面では見にくいですが、学習してほしい漢字と読みを黒で、送りがななどは青で書いています。

やってみて気がついたことですが、(わたしの「友」だち) (つりの「名人」) というように、学習する漢字の前に、ヒントとなる言葉を添えた方が。プライミング(呼び水)の効果があり、記憶を容易にするようです。

逆に欠点を一つ。時間がかかる~ということです。今回は50枚のカードを用意して指導に望みましたが、準備の時間がなくてヒヤヒヤでした。でも、どうしてもスイミーを読みたいという彼女の願いを叶えたくてがんばりましたよ。でも、やってよかったー。

このカードは、市販されている名刺を印刷するパソコン用のシートを利用しているので、パソコンで打ち出しすることも用意です。でも、へたでも、先生の手書きの方が味がありますよね。

それに、例文を2年の教科書に合わせてひろうのも、手書きの方がやりやすいし。


というわけで、漢字の読みの道は、洋々と開けました。

とりあえず2年の漢字の読みを、学年一早くマスターさせてやろうとたくらんでいるのでありました。



FC2ブログランキング


↑どうかランキングも見てやってください。はげみになりますので,ご協力よろしくお願いします。
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobu1.blog117.fc2.com/tb.php/91-2afae36b
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
大切さを全国に伝えたい
Author:SHINOBU
新大阪教室

bnr_personal-osaka.jpg

今までにご覧いただいた方
 

百万アクセスまでがんばりたい

カテゴリ
最近の記事
月別アーカイブ