教育実践が 人をつなぐ

 2010-12-02
DSC07691_convert_20101202051433.jpg

DSC07695_convert_20101202051514.jpg

DSC07704_convert_20101202064309.jpg




昨日は、福島県郡山市教育委員会教育研修センター、特別支援教育研修会での講演をさせていただきました。

前日の新幹線で福島入り、研修担当の先生にお話をお伺いすることができました。


お話を聞かせていただく中で、驚くべきことがいくつもありました。

まずは、特別支援教育講座の研修内容の豊かさです。


子どもの特性理解とその支援のあり方、ユニバーサルデザイン、ソーシャルワーク、NPL(神経言語プログラミング)によるコミュニケーション、授業改善、交流および共同学習、教育課程編成、教材教具の実技とムーブメント教育・・・

しかも、どう見たって全国第一線でご活躍の、著名な講師の方ばかりです。


この先生、休日には各地の研修会に自腹で出かけ、研修生の立場でご自身が研修を受け、郡山の教育現場に今必要な内容を確かめて構成されているのです。

そうでなければ、きっとこれだけの豊かな内容の研修を構成することはできない・・

すごい、こんな人もいるんだ

私は、強く心を打たれました。


その講座の一コマに、「白ゆり教室 石原忍」 という文字が印刷されているのです。

とてもありがたく、感謝の気持ちでいっぱいになりました。



50名近くの先生方のご参加をいただき、研修会は始まりました。

あれほど、「平常心」 「ありのままの自分」 「決して背伸びをしてはいけない」 そう自分自身に言い聞かせていたにもかかわらず、この日の講演、始まってすぐ、内容にキレがないのに気がつきました。

言ってることに、魂が入らない・・

途中で、あぶら汗が出てきました。


花子ちゃん、太郎君、イチロー君、友里ちゃん、かれんちゃん・・・

平素の実践を語り初めて、私はやっと、いつもの自分に戻ることができました。

実践をお伝えしているうちに、うんうんとうなずいてくださる先生が、一人・二人と増えていくようすが、手に取るように感じられました。


後半になってやっと本調子に近づいてきました。

が、時間切れ・・

正直、自分では悔しさの残る展開でした。


しかし、その分、私は、自身にある大切な宝物を確かめることができました。

「私には、子どもたちとの教育実践がある」

この教育実践があればこそ、多くの方と心通じ合うことができる。

具体的な実践があるからこそ、そこから相互に学び合い、高め合うつながりが生まれてくるのです。

私を、郡山の研修会に押し上げてくれたのも、太郎君であり、花子ちゃんであったわけです。


研修会のあと、アンケートをいただきました。

のちにタイピングして、内容をアップさせていただこうと思いますが、それぞれの先生方が、具体的な実践を通して、ご自身の力量を向上させていきたいと願っておられることがダイレクトに伝わってきました。

あんなに拙い内容であったにもかかわらず、それぞれの子どもの事例から、先生方はシャープにそのエキスをえぐりとっておられました。


研修会が終了して、所長と担当の先生が反省会を開いてくださいました。

あれも言い忘れた、これも伝えたかったと、出るわ出るわ後悔の数々・・

もっともっと研鑽を重ねて、せめて自分自身が納得のゆく内容にしなければ、申し訳ないの一言です。


うちのラーメン、スープは、まんざら捨てたものではありません。

力量は、まったく足りません。

内容にも、満足していません。

しかし、スープだけは本物です。


私のすべきことは、自身のの教育実践を豊かにすること以外にはあり得ない。

それさえあれば、全国の、志のあるすばらしい方々と巡り会うだって、何だってできる。


今回の講演で、研修センターのスタッフの方々ともお話を伺う機会がありました。

退職された校長先生も、そのスタッフのメンバーに加わっておられました。

短い時間でしたが、お話を伺うことができました。 

私が、どんなに逆立ちしてもかなわないほどの、見識をおもちの先生であることが、すぐにわかりました。


少し無理なお願いをしたにもかかわらず、泊まったホテルの方は、それはそれは見事な対応でした。

郡山は、あたたかい気持ちの通い合うすばらしい地域でした。

こうした栄えある場にいられるのも、一人一人の子どもたちがいればこその話です。



必要なのは、日々の教育の豊かさであるわけです。

子どもたちとの、臨床の最前線にいられること

そのことが、私の果たすべき役割であり、何よりの誇りなのです。




この記事は、「 特別支援教育 記事ランキング 1位  」に選ばれました。 (2010-12-03)



にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

↑ 大切さを全国に伝えたい! 応援の1クリックを よろしくお願いします。 ↑
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/12/02 23:29】 | # | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobu1.blog117.fc2.com/tb.php/891-41f0ac27
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
Author:SHINOBU
新大阪教室

bnr_personal-osaka.jpg

今までにご覧いただいた方
 

百万アクセスまでがんばりたい

カテゴリ
最近の記事
月別アーカイブ