FC2ブログ
 

行列のできる校長室 (トップに立つ者だからこそ、現場の最前線に立て)

 2010-08-16
昨日の日曜は、私の教室のレッスンもお休みでした。

これまで、日曜にお休みをいただいた週は、県外に出張に行かせていただくことがほとんどでした。

久々のフリーの日曜日でしたので、娘と食事に行ったり、買い物に行ったりしました。


私には娘は3人おり、一番下の子は高校2年、上の子は大学3年生になりました。

私が今、どんな活動をして、休みの日曜日にも県外に出張していることも、理解できる年齢になりました。

私が何をしているのかが、非言語ですが、娘に伝わっているなと感じることがあります。

全力投球で活動に取り組むようになったことで、娘との関係にマイナスが生じたと思うことは一度もありませんでした。


多いときには、週に60時間近くののレッスンを行うことがあります。

1回1回、子どもと直接向き合うレッスンを積み重ねていくことを、私は何よりの誇りに思っています。

朝5時半に起き、大阪で9人のレッスン、日帰りで夜10時半に岡山に帰ります。

翌朝7時半には、学童保育の朝学習を指導し、9時からはデイリーのレッスン。 メールの返信や教材準備などは、食事の合間や、往復の新幹線の中で行っています。

そこに強い気持ちがあり、願いがあれば、忙しいことにも喜びを感じるというものです。

手応えのあるレッスンができたとき、新大阪の駅で飲む生ビールは最高です。

そんな毎日です。


体調管理は命です。

調子の悪いときは、何もかもしんどくなります。

心も体もベストな状態で、子どもの前に立つことが、私の責任であり仕事であるのです。


アイデアがひらめくことのほとんどは、レッスン中に起こります。

真剣モードで子どもとご家族と向き合う、その1回1回の積み重ねが、私の命を磨き上げているわけです。

そのことをを誰よりも強く感じているのは、私自身であり、だからこそ前に進んでいけるのです。


小学校の現場にいるとき、私は、すばらしい校長先生に何人も出会ってきました。

校長室にいながら、どうしてあんなに一人一人のことを、的確に把握できているのだろう?

まるで超能力に思えるようなそのことも、強い意志と真心の積み重ねであることが、すぐにわかってきました。

当時は、まだコーディネーターという制度ができていないころでした。

その校長先生は、私の授業時数を週数時間のみに設定し、その空き時間に私は、家庭訪問に行ったり、ご家族の相談を伺ったり、幼稚園・保育園・中学校などをはじめ、各関係機関に足を運んだりさせていただいたりしました。

地域の民生委員会にも、毎回出席し、気になる子どもの情報を交換させていただきました。

私の授業時間は、他の先生が、少しずつ負担してくださっていたわけです。


こんなシステム、校長が命をかけるくらいの気持ちがなければ、できないと思います。

「私は、自分のクビなんて、とっくに洗っています。 責任は、私が取ります。 あなたは、可能な限り現場に足を運び、子どもたちの幸せのために、全力を尽くしてください。」

そう言う校長先生でした。


それでも、私以上に、子どものことを知っている校長先生でした。

一番子どものことを知っている人が、トップにいる。

だからこそ、そのリーダーシップが発揮できるのです。


学校の代表者として色々な会合に出席することは、大切な仕事です。

でも、最も肝心な子ども姿や保護者の声に耳を傾けないのであれば、何のために仕事をしているのか、わかりません。


すべての校長先生に、まず、現場の最前線にしっかりと立っていただきたい。

一人一人の姿が届かないでいて、決して生きた組織の運営はできないと思います。

自分のリーダーシップが、子どもの育ちに大きく寄与する手応えを、ぜひすべての校長先生に感じ取っていただいたいと願っています。


私は、公教育のトップである校長先生に、子育ての主体者であるご家族が、直接お会いになるべきだと思います。

行列のできる校長室

まさに、生きた教育がそこからスタートしようとしているのです。


にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

↑ 大切さを全国に伝えたい! 応援の1クリックを よろしくお願いします。 ↑
「すべての子どもに 集団での学びと 特性に応じた適切な個別指導の場を」
コメント
 突然のコメント失礼いたします。現在は発達障害専門の精神保健福祉士をしておりますIshizakaです。

 以前、小中学校の障害児介助の仕事をしていた頃のこと、そしてその後の小学校の巡回指導を通して、校長先生や副校長先生の考え方一つで特別支援教育がうまくいくかどうかはほんとうに大きく左右されるのだなと私も感じてきました。

 担任の先生が気になると感じている子どものことを校長先生もしっかり把握をしている。
 そして、必要なときには教育センターや子ども家庭支援センターなどの学校外への支援要請をすることができる校長先生のいる学校は、特別支援教育コーディネーターが置かれるようになった現在でも、特別支援がうまく行っているように思えますね。
【2010/08/23 16:29】 | Ishizaka #pqo.7At6 | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobu1.blog117.fc2.com/tb.php/836-c67843c3
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫