FC2ブログ
 

医学的・心理的知見を、子どもの支援にどう結びつけるか

 2010-07-15
今日、岡山大学教育学研究科教授で、医学博士でもいらっしゃる眞田敏先生に、白ゆり保育園・白ゆり教室にお越しいただきました。


眞田先生には、大学院時代から大変お世話になり、これまでもいろいろな面でご指導をいただいてきました。

今回、眞田先生のご厚意により、社会貢献の一環として、ボランティアでご指導をいただけることになりました。

大変ご多忙な先生でありますし、無料でご指導をいただけるということなので、一定の制限が必要なのはもちろんのことですが、職員の指導だけでなく、場合によっては個々のケースカンファレンスなどにも対応していただけるということでした。


眞田先生は小児神経学がご専門のドクターです。

私のブログの中でも、時々脳の機能局在のことに触れさせていただいていますが、子どもたちへの教育的支援を構成する際に、これまでどれだけ眞田先生にご指導いただいたことを参考にさせていただいたか知れません。

白ゆり教室を立ち上げた頃には、毎週のように、先生の研究室におじゃやまさせていただいていましたが、またこうしてご指導をいただける機会をいただき、本当にありがたく思っています。


この5月に出版された先生のご著書では、医学的・心理的知見を、子どもの支援にどう結びつけるかということが、大切なテーマとして取り上げられています。


ぜひ、先生にご指導いただいたことが、子どもたちの成長や、ご家族の幸せに直接つながっていくよう、私たちも努力していきたいと願っているところです。


志のあるところに道は拓ける。

先生のお気持ちと、こうしたご縁を大切に、これからもしっかりと活動に取り組んでいきたいと思っています。



子どもの発達障害・適応障害とメンタルヘルス子どもの発達障害・適応障害とメンタルヘルス
(2010/05)
安藤 美華代・眞田 敏

商品詳細を見る




にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

↑ 大切さを全国に伝えたい! 応援の1クリックを よろしくお願いします。 ↑
「すべての子どもに 集団での学びと 特性に応じた適切な個別指導の場を」

コメント
SHINOBU先生の熱い気持ちが 伝わってきます。
これからも すばらしい教室が たくさんの人に伝わって、すばらしい教育が 広がっていくことを願っています。
【2010/07/16 15:07】 | マドンナ #fYFfjCTQ | [edit]
いつも、ありがとうございます。

多くの方のご期待に添うようつとめてていくことと、1回1回のレッスンの充実のバランスを考えていかなくてはならない時期になりました。

自分にできることを、より明確にして、努力を重ねていきたいと思っています。

今後とも、どうぞよろしくお願いします。
【2010/07/18 09:50】 | SHINOBU #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobu1.blog117.fc2.com/tb.php/824-494ef1bd
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫