苦しい時にこそ 子どもは育つ

 2010-01-15
DSC05880_convert_20100115122527.jpg


先日、かれんママより、以下のようなメールをいただきました。





shinobu先生

お忙しいところ、ありがとうございます。

ところで、かれんの会話で最近変化が出てきています。


【先日のかれんとママの会話】―――――――――――

※今週は、かれんパパが教室への送迎

ママ:今日、shinobu先生と遊んだの?
かれん:うん
ママ:何して遊んだの?
かれん:アンパンマン
ママ:アンパンマンで遊んだの?
かれん:うん
ママ:へぇ~、おもしろかった?
かれん:※※※かった(おもしろかった)

ママ:かれん、shinobu先生、好き?
かれん:好き

―――――――――――――――――――――――――

たぶん、教室では、アンパンマンを教材に使われたんだろうと思います。

でも、かれんがママの質問を本当に理解して答えてるのか疑わしくて(普段の状況からして疑わざるを得ないので)、再度2時間おいて、確認。

ナント、おなじ答えが返ってきました。

「他に何したの?」には答えられませんでしたが、どうやら、かれんは教室での取り組みで「アンパンマン」を使って遊んだことがもっとも印象に残っているようです。







「他に何したの?」 には、答えられない理由・・

私には、わかります。


なぜなら、この日、かれんちゃんは90分の指導の大半の時間、おそらく1時間以上の時間、このアンパンマンカードで遊んでいたからなのです。

もちろん、私も 「今日の中心教材はこれ」 と決めていましたし、どうやってこの学習に主体的に取り組まそうかと、あれやこれやと作戦を練っていました。

ところがあに図らんや、かれんちゃんは、指導後数分で、「これしたい~」 と、アンパンマンカードのボックスを抱えて学習コーナーに持ってくるではありませんか?

そこから、数十分間 以下の映像のように 「もう1回」 「もう1回」 と、このカードを使った学習が続いていくのです。

最後には、とうとう私の方から、「もうこれくらいにしよう。勘弁してね。」 と腰砕けになる始末でした。

かれんちゃんが、カードで60分?

私でさえ、今でも信じられないような気持ちです。

[高画質で再生]

ひらがなカード(1)--2010-1-12 [アクセス解析]


[高画質で再生]

ひらがなカード(2)--2010-1-12 [アフィリエイト]


自分で指導をしながら、自分で画像を撮っているのです(汗) 画像の乱れをお許しください。
<(_ _)> 


ほんの数ヶ月前までは、こんなかれんちゃんの姿は、予想だにできませんでした。

もちろん、かれんちゃんがひらかな読みを完全にマスターしたわけではありません。

これから様々な学習体験を通して、より確かで深い理解が、少しずつ形成されていくわけです。

今は、その入り口に立っただけの話です。

ただ、ここまで来るのが大変だったし、不安だったのは確かです。

本当にその入り口が見つかるのかさえも、自信がもてない時期もありました。

ご両親の思いも、並大抵の物ではなかったと思います。


だからこそ、ここに立つまでの営みが大切だったと思います。

子どもの可能性を信じて、暗闇の中でも、先に光があると信じ、一歩一歩ていねいに歯をくいしばって歩んでいくこと。

成果や手応えが見えない中で、土を耕し、肥料をまき、愛情をもってかかわる中で、大事に大事に芽が出るのを信じて努力を積み重ねていくこと。

深い愛情なくして、できることではありません。


私の所に来始めてから、成果が急に目立ち始めることは、実はよくあることです。

芽が出始めてからの指導は、手応えがあるし、やっていてとても楽しいのです。

ですが、それは、きっとご家族が苦しい時期にまいてくださった種が、たまたま私の所で芽がでただけだと思っています。


真っ暗闇の中で、我が子を抱え、腰まで水につかりながら、じゃぶじゃぶと道なき道を歩んでこられた事はありませんか?

何度もくじけそうになりながらも、我が子をしっかりと抱きしめ、歩んできたその時期にこそ、子どもは育ってきたのだと思います。

私は、水から上がってきたお母さんに、ちょっと手を差し伸べた、それだけのことです。


今、うまくいかないからダメなのではなく、今この時、どこまで踏ん張れるかが、大切なのだと思います。

そこを抜ければ、自然道筋も見えてくるというものです。

私の所に相談に見えられる方の多くは、ご自身の意識はどうかわかりませんが、私の所に来た時点で、次のステージに向けて歩んでおられる方がほとんどです。

だから、子どもが育ったように見えるのです。


SHINOBU先生が育てたのではありません。

子育ての主体者はご家族。 私は単なるサポーターに過ぎませんから・・



FC2ブログランキング

 


↑どうかランキングも見てやってください。はげみになりますので,ご協力よろしくお願いします。


コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobu1.blog117.fc2.com/tb.php/700-abe37a48
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
Author:SHINOBU
新大阪教室

bnr_personal-osaka.jpg

今までにご覧いただいた方
 

百万アクセスまでがんばりたい

カテゴリ
最近の記事
月別アーカイブ