FC2ブログ
 

運動会でめざすこと

 2009-09-28
DSC05493_convert_20090928091626.jpg


私が指導をさせていただいているお子さんの家庭でも、週末運動会だったところも多かったようです。

運動会が終わったその足で、私の教室に来てくれた子どももいます。


昨年は、友里ちゃんの学校に運動会を見にいきました。

入場門で、笑顔いっぱいの表情で迎えてくれ、「先生が見てくれるから、一生懸命走る」 と、言ってくれました。

今年は、土・日には指導が一杯で、出かけることができないことを伝えると、「先生が見てくれていると思って走る」 と、言ってくれました。

友里ちゃん、今年は応援団に入ってがんばった、と教えてくれました。


金曜日には、あきなちゃんの保育園の予行演習を見に出かけました。

お母さんが保育園に連絡をしてくださっていて、私の姿を見つけると、園長先生がとてもていねいな対応をしていただきました。

あきなちゃんは、ダウン症ですが、運動が大好きな女の子です。

ダンスの時には、少し場所がわかりにくい時もありましたが、保育園の先生の過剰な支援はありませんでした。

私は、その先生方の姿勢に共感をおぼえ、そのことを園長先生にお伝えして帰りました。

そして、この子の育ちにはナチュラルな集団が不可欠であること、そして私が背負う役割の大きさを、改めて感じました。


特性理解と過剰な支援は別物です。

運動会もできばえそのものよりも、子どもの育ちの方が重要であるに決まっています。

しかし、現実にはできばえの方が優先され、子どもや家族の心が痛む場合も場合もあるようです。


順位はビリだったけど、クラス中が互いの健闘をたたえ、抱き合って喜んでいるクラスがあります。

何のハンディもなしで全力で運動会に向き合い、精一杯取り組むその子の尊さを、クラス全体で受け止めているのです。

きっとその体験は、長く長く子どもの心に息づくことでしょう。

そして人が生きるという尊さを、運動会という行事の中から、体験を通して学んでいるのです。

私が考えるインクルージョンの姿は、こんな形です。


子どもの心は正直です。

形だけを整えた運動会は、すぐに風化します。

どんなにささやかな一コマでもいい、その子の命が輝く瞬間、

私たちが見つめたいのは、そんな瞬間なのだと思います。


私が、あきなちゃんの予行演習で、目頭が熱くなった理由、皆さんにはわかっていただけるでしょうか?


FC2ブログランキング

 


↑どうかランキングも見てやってください。はげみになりますので,ご協力よろしくお願いします。
コメント
SHINOBU先生ご無沙汰しております。西風です。

先生の目頭を熱くした理由。分かる気持ちがします。

私に、先生のような実践の積み重ねはありませんが、その真摯な姿をお手本に実践していきます。

今後ともよろしくお願いします。

【2009/09/29 22:35】 | 西風 #- | [edit]
西風先生、コメントありがとうございます。

先生のご活躍の様子、ブログで拝見させていただきております。

これからも、先生の実践から、私も多くのことを学ばせていただこうと思っています。

今後ともどうぞよろしくお願いします。
【2009/10/01 10:52】 | SHINOBU #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobu1.blog117.fc2.com/tb.php/614-8fb02218
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫