FC2ブログ
 

新1年生の受け入れ準備

 2008-03-31
先週は、新1年生の引き継ぎにいろいろな小学校への引き継ぎにいきました。

私は、小学校で新1年生の受け入れ事務を一通りこなしてきましたし、保育園で就学支援も行ってきましたので、この分野については、かなりの業界通?であります。(笑)

これまで私がかかわってきた小学校では、だいたい次のように新一年生の受け入れ事務を行います。

まず、3学期の終業式あたりに新1年生の仮担任の発表を校長が行います。他の学年の担任発表は4月からですが、新一年生では就学事務や入学式の準備などたくさんしなくてはならないことがあるため、1日でも早く取りかかる必要があるからです。

新1年生の担任が、他の小学校から4月に転勤されてくる先生になることもよくあることです。この場合は、その先生だけ、身分は前任校のまま一足早く新しい学校で準備を開始します。

新1年生の仮担任になったら、まず就学予定児童の名簿を確認して、日程を調整したうえで、それぞれの幼稚園・保育園に引き継ぎ会の連絡を取ります。

幼稚園・保育園では、3クラスなら3クラス、2クラスなら2クラスに分けた名簿を持参して、一人一人の子どものようすについて伝えます。発達に課題のあるお子さんについては、とくに詳しくお伝えします。

しかし、仮担任は、つい1日2日前までは、別の学年の担任だったわけですから、いきなり保育園や幼稚園からいっぺんに多くの情報を寄せられても、なかなかイメージがわかないのも無理かなぬ話です。

また、年度の変わり目ということなので、それまで就学事務にかかわってきた校長・教頭・教務・特別支援教育コーディネータの方が転勤になり、4月になりまた1から説明しなければならないようになることもよくあることです。

保育園・幼稚園からの引き継ぎがおわると、次はクラス分けと担任決定の調整に入ります。3クラスなら3クラス、大きな偏りが生じないように、引き継いだ内容をもとに微調整を行います。ですが、実際にだれひとりとして子どもを見ていない場合が多く、紙の上の操作だけなので、開けてびっくりは毎年のことです。

実際にわが保育園でも、実際に子どもや保育園や子どもを見てくださった校長先生も教務の先生も3月でご退職・ご転勤です。新1年生の仮担任の先生は、就学調査票さえまだ目を通している段階ではなく、診断名やIQ値のみで判断するしかない状態です。

もし、担任の先生にお伝えしたいことがある場合、保護者とすれば、1日も早く自分の子どもの担任とお会いしてお願いしたいというのが心情というものでしょう。

この点は年々改善され、かなり柔軟に対応してくださるようになってきましたが、まだ学校間には格差もあるようです。



FC2ブログランキング


↑どうかランキングも見てやってください。はげみになりますので,ご協力よろしくお願いします。
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobu1.blog117.fc2.com/tb.php/61-5d0664a5
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫