子どもの今を見つめる

 2009-06-29
私は、指導中に子どもを叱る事は、可能な限り少なくしたいと考えています。

1年以上指導しているのに、1回も叱っていない子もいます。


でも、絶対に叱らないかというと、そうではありません。 時には叱ってやらないとダメだと判断する場面があります。

当然叱るべき場面で叱らないと、その子がますますかわいそうになってしまうことがあります。

きちんと叱ってやることで、先生はちゃんと自分方を向いてくれたと、ほっとするような顔をする子もいます。

その行為が、明らかに注目の獲得である場合、すぱっと叱ってやるほうが、バーストを起こさないですむ場合も多いようです。


コミュニケートの方法が未成熟な子で、何かと物をよく投げる子がいます。

前回の指導で、かれんちゃんがままごとの茶碗を投げたとき、私は初めてかれんちゃんをきつく叱りました。

その時、かれんちゃんは涙を浮かべましたが、離籍して、決して自分勝手な行動をしようとはしませんでした。

その表情から、かれんちゃん、ここで勉強したいんだな、かしこくなりたんだなあ、私は強くそう感じました。

そのときのかれちゃんの顔、きっと忘れることができないと思います。



かれんちゃん、私に叱られるなんて思ってもみなかったようです。 かれんちゃんが物を投げるという行為は、私たちがイメージしているそれとは、全く異質のものであるわけです。

私がちゃんとそのことを受け止め、別の方法 (バイパス行動) を、きちんと教えておくべきだと、改めて感じました。

そして、どうやったら、そのことがちゃんとかれんちゃんに伝わるか、しっかりと考えていかなくてはならないと思いました。


かれんちゃんより、ちょっと下の男の子

この子も一度、机の上に登ったので、私に強く叱られ泣き始めました。

お母さんと離れなれなくて、玄関で数分泣いていたことがあります。

でも、今では、まだ小さいのに、45分間集中して学習して取り組み、あっという間に指導の時間が過ぎてしまいます。


昨日いただいたお母さんのメールによると、休日に 「どこに行きたい?」 と尋ねると、「SHINOBU先生のところ」 と答えたのだそうです。

水族館で遊んでいて、なかなか帰ろうとしないときでも、「SHINOBU先生の所へ行くよ」 というと、逆に目の色を変えて、お母さんの手を引いて車の所へ行ったのだそうです。


確かに最初の頃は、電車やチョロQで遊んでいました。 でもこの頃は遊びは一切なしで、書字、数字やひらがなやカード、認知パズルやロールプレイなど、フルコースで指導を行っています。

以前、薬カードやアンパンマンのカードで45分過ごしていた1年生の女の子も、今ではしっかり着席、1度も離席することなく、グズグズ言うこともなく、まさにむさぼうようにひらがな学習・文字学習・認知学習に集中しています。


みんな、学びたいのです。

できるようになりたいのです。

それが一番楽しいし、やりたいことなのです。


1年生ならここまで、2年生ならここまでと、叱咤激励したり、他人と競争させたりして、引っ張り上げることが無意味だと、思っているわけではありません。

でも、そればっかりだと、痛む心もあるわけです。


生涯学習という言葉もあります。

「ひらがな読めるようになりたい」

こんなに美しい気持ちが、どこにあるでしょうか?


子どもの心の中にある宝物を感じ取って、大切に育てたい。

水や肥料をやりすぎても根腐れします。 時には、空干しして根を張らせることもあるでしょう。

伸びていくのは、子ども達自身です。

私たちは、その時、その時の状態を感じ取り、その子がすくすくと育つように、環境を整えてやることです。


子どもの今が見えなければ、何もできない。

伸びている自分を感じている時こそが、子どもが最も輝き、楽しい瞬間です。


いつ咲こうが、どこで咲こうが、きっとすべてが美しい。

私もそう感じている一人です。



FC2ブログランキング

 


↑どうかランキングも見てやってください。はげみになりますので,ご協力よろしくお願いします。
コメント
はじめまして。

アロアと申します。

毎回、先生と子どもさんの信頼関係に感動しながら読ませていただいています。
今回ブログの中に叱る・・・の文字がありましたが、(言葉でもしくはそれ以外のコミュニケーションで)注意するをということととらえていいのでしょうか?
発達凸凹の子どもたちは”しかりがいのない子ども”と耳にしたことがあり、その時にしかるのではなく、正しい行動へ導くと教えていただいたので少し混乱しています。
(先生のご指導方法を非難するつもりのカキコミではありません。)
信頼関係さえしっかり結べていればコミュニケーションの理解が難しい子どもにも叱ることは有効なのでしょうか?




【2009/07/05 07:30】 | アロア #- | [edit]
奥の深いコメント、ありがとうございます。

「しかるのでなく、正しい行動へ導く」

これが、私の絶対的な基本スタンスです。

今回申し上げた、「叱る」 は、それを越え、人としてより感情を込めたものととらえてくださって結構です。

指導者のそれより、家族に近いそれといったものかも知れません。

信頼感なければ、とてもできることではありません。

しかし、コミュニケートのむずかしい子でも、感情を受け止めることができる子もいます。

配慮も理解もあったなら、時としてその感情を伝えるべき時も必要ではないか、というのが今回お伝えしたかったないようです。

そこだけ切り取られるとつらいですが、アロアさんだったら、きっと文脈の中でご理解いただけるのではないかと思います。

お答えになりましたでしょうか?
【2009/07/05 08:21】 | SHINOBU #- | [edit]
わかりやすくご説明いただきありがとうございます。

<指導者のそれより、家族に近いそれといったものかも知れません。

この言葉はとてもうれしいですね。

親が支援者やコーディネーターにならなくてはいけない

現在の日本の状況において、親であるのにその気持ちを封印して

支援者であれ!!といわれる専門家の方に、正直いち親として精神的に

キツイと感じていたのですごく心に響きました。

子どもの幸せを願わない親はいません。

心を通わすことを大切にしてくださる先生と

その気持ちを一心に受けてすくすく伸びている子どもさんたちの

これからを応援していきます。お返事ありがとうございました。

【2009/07/05 23:48】 | アロア #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobu1.blog117.fc2.com/tb.php/541-576fee5e
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
Author:SHINOBU
新大阪教室

bnr_personal-osaka.jpg

今までにご覧いただいた方
 

百万アクセスまでがんばりたい

カテゴリ
最近の記事
月別アーカイブ