意思ある所に道は通ず (希望をもって歩む道のり)

 2009-04-24
昨年の12月、いろいろな経過から、私は友里ちゃんの学校に出向き、友里ちゃんの個別指導にたずさわる者として、校長先生と教頭先生にお会いし、いろいろなことをお願いしました。

(その様子については、12/16の記事12/19の記事で紹介させていただいています)


先日、その友里ちゃんのお母さんから、以下のような内容のメールをいただきました。




昨日、家庭訪問がありました。

やはり話してみてもとても感じのよい先生でした。

先生の話では、発表なんかも頑張っているし、勉強だって頑張っている、お手伝いなんかも自主的によくしてくれて、とっても優しくて頑張り屋さんです。と言われていました(ノ∀`)

昨日の家庭訪問で簡単な挨拶のお手紙見たいなものを作りお渡ししました。

内容は簡単な友里の説明と親の想いなど・・・伝えておきたいことを先生が負担に思わない・プレッシャーを感じない程度にちょこっとだけ書いてみました・・・( ´艸`)

そして今日早速先生からこんなお返事のお手紙をいただきました。



「昨日は、お忙しい中時間を作ってくださり、また友里ちゃんについてのお手紙ありがとうございました。
私自身勉強不足でしたので、とてもありがたかったです。
またご両親の友里ちゃんへの想いの深さを感じ、思わず目頭があつくなってしまいました。
これから先、ご迷惑をおかけすることがあるかもしれませんが、精一杯がんばりたいと思います。
また、友里ちゃんの特性のことについても、勉強していきたいと思っていますので、いろいろと教えてください。
友里ちゃんとの素敵な出会いに感謝して」             


お返事をいただけるとは思ってなかったのでびっくりしました・・・それだけのことなのですが(笑)

文面からも先生の温かさが感じられ、なんだか嬉しくて思わずSHINOBU先生にメールしてしまいました。

まだ始まったばかりで・・・浮かれていてはいけないとは思いますが、いいスタートが切れていることが嬉しくて・・・これもSHINOBU先生のアシストのおかげととても感謝しております。





花子ちゃんの所は、今日が家庭訪問。

私は、花子ちゃんの支援級の先生と通常級の先生に 「花子ちゃんの個別指導について」 というお手紙を書かせていただきました。

ご家族の気持ちが、うまく先生方に伝わるとよいのですが・・


たくやママは、来週の月曜日に、校長先生・教頭先生・コーディネーター・通常級・支援級の先生と相談をされに行くようです。


ご家族も、学校の先生も真剣です。

真剣だからこそ、大切な事だからこそ、時にはうまく行かないこともあれば、対立的なってしまう事だってあります。


友里ちゃんの担任の先生、私は、結局は友里ママが引き寄せた先生だと思っています。

太郎君の1年生の時のステキな先生も、お母さんが引き寄せた先生だと感じていました。


私が、小学校に行ったのも、友里ママの熱い気持ちに応えたいと、ただそういう気持ちが私の手足を動かせただけの話です。

秦野市に出張指導に行くようになったのも、堺市に出張指導に行くようになったのも、結局は人と人とのつながり=運命の出会いがそこにあったからに他なりません。


巡る因果の糸車

今歩む道の先が、どこに通じているのかは、誰も知ることはできません。

まるで、暗闇に向けて矢を放つようなものです。

しかし、矢を放たない限りは、決して的を射抜くことはできません。


今、歩む道をたどれば、本当に向かう先にたどり着けるのかどうか?

もしかしたら、反対方向に進んでいるのではないのだろうか?

これほど、苦しくも、不安な瞬間はありません。

信じて歩み続けない限り、決して目指す所に到達することはないからです。


こんな不安をかかえた道のりの中では、何気なく聞いた誰かの一言が、心の中でぐるぐると回り始めて、ぬぐい去ることのできない思いに膨らんでしまうことだってあります。

でも、負けちゃいられません。

すべては、我が子のためですから。

誰に何と言われようとも、生涯お子さんに寄り添うのは、ご家族でしかありません。

誰に何と言われ、どのように思われようとも、それが子どもの幸せと成長につながるものと信じればこそ、前へ前へと進んで行けるわけです。


決して一人では、ありません。 応援はさせていただきます。

しかし、その主体者は、やはりご家族に他なりません。

意思ある所に道は通ず

あなたのその尊い歩みは、決して無駄足には成り得ないのです。

多くのご家族の取り組みが、私にそのことを教えてくれています。


その道は、決して平坦な道ではありません。

だからこそ、今日も笑顔で、前をしっかり向いて、お子さんと一緒に、前へ前へと進んでいきましょう。

その先に、きっと希望という名の道しるべがあるに違いありません。

そう信じて歩んでいきましょう。

希望をもって歩む道そのものに、私たちは 「幸せ」 という名前を付けているのです。


FC2ブログランキング

 


↑どうかランキングも見てやってください。はげみになりますので,ご協力よろしくお願いします。

コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobu1.blog117.fc2.com/tb.php/505-7d4d3296
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
大切さを全国に伝えたい
Author:SHINOBU
新大阪教室

bnr_personal-osaka.jpg

今までにご覧いただいた方
 

百万アクセスまでがんばりたい

カテゴリ
最近の記事
月別アーカイブ