小さなさざなみを やがてはビックウエーブに

 2009-04-09
「教員は現場で育つ」 という言葉があります。

色々な場面で、その方の都合で、さまざまな意味に使われるので、私はあまり好きな言葉ではありませんが、一面真実をえぐった言葉だと思っています。


私はこの1年で、50人を超える子どもたちの発達の課題に、真剣に向かい合ってきました。

この臨床経験が、未熟な私の技能をどれだけ押し上げたか、本当にありがたいことだと感謝しています。

昨日も、新しく3名の子どもたちの個別指導に実際にかかわりました。

そのうちの一人のお母さんから、次のような内容のメールをいただきました。





今日はご指導頂きありがとうございました。

「楽しかったなあ。明日もあるの?次はいつ行けるの?」とすっかり気に入った様子でした。

今まで出来て当たり前としか思ってもらえなかった事を、たくさん誉めてもらえてすごく満足そうな顔をしていました。

今まで学習のごほうびはおやつや怪獣遊びだったのですが、学習そのものがごほうびになるなんて夢のようです!健常児の親でもこんな喜びは味わえないですよ、ふふふっ…f^_^;

算数の問題もあの量をあんなに集中して取り組む姿は意外でした。

普段宿題は今日の半分位の量ですが、なかなか進まないのです。簡単に解ける問題であっても…です。

漢字の読み方もかなりいい線いってましたねえ。いつの間にこんな読み方覚えたんだろうと驚きの連続でした。漢字が好きなことはわかっていましたが、どう伸ばしてやればいいのかがずっとわかりませんでした。

漢検も、失敗を恐れてやりたがらないのではと踏み出せずにいました。でも、先生が一緒だったら挑戦出来るかも知れないと思えました。

ありがとうございます。よろしくお願いします。次回を楽しみにしてます。






私、このお子さんのようなタイプのお子さん、実は大好きです。

せまいツボの在処を知っていますから、そこを押すと、面白いように子どもの脳がピクピク反応していくのがわかります。

これは、WISC-Ⅲのプロフィールを見ても、絶対にわかりません。

事前にいただいていた、この子の各種検査は、何度も目を通してました。

でも、その時には、パソコン学習のことは思ってもみませんでした。


この子と会うのはこの日が初めてでした。

部屋に入るなり機関銃のようにしゃべり始めた彼の様子と、その話す内容を聞いて、すぐさま私は事前に用意していたプリント類をさせることを止めて、パソコンの漢字学習へと切り替えたのでした。


新2年生の彼でしたが、学習した漢字の音訓読み替えの学習を、小さな言葉の支援だけで、次々とクリアしていきました。

私がこれまで指導してきた子の中で、これにスラスラと取り組めたのは、この子ただ1人でした。

約束の1時間が過ぎても、一向に止めようという気配は見られません。

私も彼も、そしてお母さんにとっても、本当に楽しい1時間でした。


用意していたプリントをぱっと捨て、パソコン学習にすぐに切り替えることができたのも、これまでの数多くの子どもたちとの、真剣勝負のおかげです。

準備や計画は出来る限り綿密に

しかし一旦子どもと向き合ったら、教材よりも何よりも、子どもの目を見て指導にあたること

これぞ臨床家の鉄則です。

こういうタイプのお子さんは、初回の出会いが、その後の展開に強烈な影響を与えます。

方法にとらわれすぎて、子どもの目を見なくなり、何をやってるのかわかならくなった経験はありませんか?  私なんか、しょっちゅうです(笑)

こういう事も、ご家族の方に学んでいただきたいことの一つなのかも知れません。


今日は、この子の心の中に、小さな小さなさざなみを、起こすことが出来たのではないかと思います。

一緒に学んでいて楽しいと感じることができる空間、そして時間。

この意義は、深いものがあると私は感じています。

根拠も、エビデンスもありません。

私の感じている経験則です。


教育は、リアルな、子どもをとりまく実社会の中で行われる営みです。

将来、子どもたちが生きていくのも、リアルな現実社会であるはずです。

その子どもの今、その時に寄り添うこと。

結局は、そこが大切なわけです。


たとえ今は小さくとも、そのちいさなさざ波を、この子の生きる根幹にふれる大きな波動につなげたい。

小さな小さな雪だるまの芯を、今日はお母さんと一緒に作ることが出来たような気になりました。

次回の指導、私がこれだけ楽しみにしているのだから、子どもたちもきっと楽しみにしてくれたのでしょう。


今日は、3人のかわいい子どもたちと、心の中で、ちいさな握手が3回できたステキな1日でした。

車の中から見えた満開の桜が、心の中に焼き付いて、なかなか離れません。

人生って、生きるって、すばらしいなと思いました。

ステキな出会いを構成してくださったご家族の皆さん。 私は、感謝の気持ちで一杯です。


FC2ブログランキング

 


↑どうかランキングも見てやってください。はげみになりますので,ご協力よろしくお願いします。
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobu1.blog117.fc2.com/tb.php/495-23f3fafa
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
Author:SHINOBU
新大阪教室

bnr_personal-osaka.jpg

今までにご覧いただいた方
 

百万アクセスまでがんばりたい

カテゴリ
最近の記事
月別アーカイブ