指導者と子どもとのストーリー

 2009-04-06
新年度が始まりましたね。

私の保育園は、先週の土曜日が入園式

昨日は日曜日でしたが、私はこの教室始まって以来最多の、1日7名のお子さんの指導をさせていただくことができました。

中には、4月から新しく指導がスタートする4人のお子さんが含まれており、それぞれ内容の深い出会いがそこにありました。


子どもと私との出会いは、様々です。

しかし、公立の小学校にいた時と決定的に違うことがいくつかあります。

それは、1年だけの付き合いではなく、長く長く子どもとかかわり続けると言うこと

そして、私はどこににも逃げることができない、真っ正面から真剣に向き合うしかない、という覚悟と決心が必要とされることです。


今回初めて来るお子さんの中には


> 家でも、学校でも大変厳しい状況です

> 突発的、衝動的に、予期できない行動をします

> 先生、机の上には時計やパンチなど、手に持って投げやすい物は置かないでください


事前に、そうお伝えいただいたお子さんもいました。

この子を教室で待っている、私の気持ち、想像できますか?


> 着席出来ないかも知れない

> 学習が成立しないかも知れない

> 何かを壊されるかも知れない


いつも使っているタイムタイマーや置き時計、パンチなどは手元に置かないよう配慮はしました。

しかし、人間って不思議なものですね。 

最悪を想定して、覚悟を決めてしまえば、何て事はありません。

この教室で死ねるなら、本望です。


結果、どうであったか?

事前にお母さんからいただいたアセスメントをもとに作成した課題は、ほぼパーフェクトにやり遂げました。

45分間、1度の離席もなく、1度も集中力を切らすことはありませんでした。

時には笑顔と拍手に包まれ、それはそれは2人で楽しい学習時間を過ごすことができたのでした。


その夜、お母さんから次のようなメールをいただきました。




遅くにスミマセン。

初教室 ハラハラドキドキで階段を上がらせていただきました。
物が壊れちゃったりしていませんかぁ??

帰る時 どうでしたか??の質問をしたところ  「楽しかったよ!!」

又 きますか?? の質問に  「またくるよ!!」 と笑顔で答えていました。

この笑顔は 何かしでかしちゃったの?とか ちょっと気にもなったのですが‥m(_ _)m

どうか どうか こんな我が息子ですがこれからもよろしくお願いいたします。(^-^)/ ありがとうございました。

 




私、これまで、学級崩壊したクラスの立て直しのため、何度もそういうクラスに立ち会ってきました。

しかし、外部の者が入れば入るほど、その学級担任の立場はなくなっていきます。

マウンドに立つ投手が孤独であるように、子どもの指導に立ち向かう指導者も孤独です。

立ち直れないなら、基本的にはマウンドから降りるしかありません。


そうは言っても、この教室の中で、あぶら汗が流れたことは何度もあります。

マンツーマンの空間が、逆にシビアな状況を生み出すことも多くあります。

何十分も着席できずに、ウロウロされ、教室内を物色されたことも何度かあります。

かれんちゃんも、1回目の時は、扉のガラスを何度も何度もたたき、涙を浮かべて外を見つめ、しばらくお母さんの姿を捜し求めていました。


この日も、20分ばかり教室をうろうろと歩き回った子がいました。

言語によるコミュニケートが苦手なお子さんで、きっと不安感も強かったのでしょう。

この子のためのグッズを買って用意しておいたのですが、なかなか思うように食いつきません。

でもね、横目でちらっとそれを見たのを、私は見逃しませんでした。

タイミングを見て手招きしましたが、それもダメです。

最終手段で、私が離席し、その子に席を空けると、その子はさっと学習席に着くことができました。

すかさず私は横にぴったりマーク。

その後は時間まで着席することができ、気がついたらその子、私の手を握っていました。


とにもかくにも、子ども信じること

覚悟を決めて、絶対に逃げない

どんなお試し行動があろうと、最後の最後まで子どもを信じてていねいに向き合おう

どんなゆさぶりにも動じないで、涼しい目で子どもに接しよう


これ、ご家族が私を信じて、お子さんを預けてくださるから出来ることです。

日常生活の中で、1日中これをやると、精神的にはボロボロになります。

この環境の中で、ご家族の信頼があればこそ出来ることです。


こうした苦労があった子こそ、その後のつながりは深く強固なものになることは、体験的にはっきりと感じ取っています。


子どもは、子どもなりに、自分のもつ大きな課題に真っ正面から立ち向かっているわけです。

私がいい加減な気持ちでいたり、逃げ道を作っていて、まともな指導が出来るわけはありません。


私の死に場所は、この教室です。

ここから逃げたら、私の行く場所はもうどこにもありません。


山を越えると、必ず違う景色が目の前に広がっていく

それぞれの子どものストーリーに寄り添いながら、子どもとそしてご家族と、私は今日も一緒に歩んでいくのです。



FC2ブログランキング

 


↑どうかランキングも見てやってください。はげみになりますので,ご協力よろしくお願いします。

コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobu1.blog117.fc2.com/tb.php/493-dc40b879
  • ブログはじめます。【これからはじめるブログ生活】
    これからブログをはじめていきます。 よろしくお願いします。
【2009/04/07 11:51】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
Author:SHINOBU
新大阪教室

bnr_personal-osaka.jpg

今までにご覧いただいた方
 

百万アクセスまでがんばりたい

カテゴリ
最近の記事
月別アーカイブ