教育の力による 行動改善の姿

 2009-03-09
昨日、つよし君 (=仮名 1年男子) のお父さんから、下記のようなメールをいただきました。




こんにちは つよしの父です

先生のところでお世話になってから、つよしが明るくなりました。学校でのトラブルも少なくなり、いつも学校であったことを話してくれるようになりました。

そのときの表情がとてもいいんです こちらも楽しくなるくらい。本当にうれしいです。

白ゆり教室へいくことを いつも楽しみにしてます。

これからも、いろいろと お世話になります  よろしくお願いします。




このお父さんは、決して多弁な方ではありません。 ひとつひとつ言葉を選ばれて、お話をされるような感じのお父さんです。

何気ない、飾り気のないメールのようなのですが、実は私、飛び上がって雄叫びをあげたくなる程、うれしい気持ちになりました。


子どもの行動改善は、私のライフワークの一つです。

クスリによらない、教育の力による行動改善の臨床事例

死ぬほどあこがれた、わたしのめざす山の頂がそこにあるのです。


今時ですから、本を探せば、理論的なことはいくらでも見つかります。 方法論をマニュアル化した、ペアレントトレーニングだって存在します。

しかし、教育の力による臨床事例が、いったいどこにあるのでしょうか?

私は、このブログで、ぜひその教育の力による行動改善の一端を、紹介させていただきたいと願っておりました。


日本の教育現場では、生まれ変わったように、子どもの行動が改善された事例は、山ほどあります。

しかし、それは意図をもって治療教育的にかかわった事例として報告されることは、ほとんどありません。

きっとそれは、学級作りであったり、教育愛であったり、クラスの歩みであったり、そんな形でまとまられてしまっているものだと考えられます。


ちょっとしたエピソードですが、忘れなれない一コマがあります。

私が6年生の副担任だったときに、ある教室に行くと、給食の前にふてくされてしゃがみ込んでいる男の子がいました。

女性の若い担任の先生でしたが、それはすばらしいセンスをもった担任の先生でした。

私は彼女を完全に信頼していましたから、どうするかなとそのまま見ていたら、「あなたが給食食べないなら、私も給食食べない」 と言って、何とそのこの横にしゃがみ込んでしまいました。

で、ここからがハイライトです。

そこにいるクラスのみんなは、それを見ているような、見ていないような顔で、淡々と給食の準備をしています。

私が、何をそこで感じたかというと、子どもたち一人一人が、この先生に対して絶対的な信頼感をもっているということです。

誰一人として、冷やかしたり、斜めにそれを見て通りすぎる者はいません。


今は、この子がその対象となっているけれども、みんな形は違っても、これまでどこかでこの先生の深い愛情を感じ取っているので、みんな心の中で、その子と先生を応援していることが、私にはしっかりと伝わっていました。


やがで数ヶ月後、このクラスで研究授業が行われます。

この学年、5年生の時は、崩壊していたと聞いていましたから、そもそも外部の方を招いて研究授業をすること自体が奇跡です。

算数の授業でした。

そこで、あの給食の時にしゃがみ込んでいた子どもが、前に出て、恥ずかしがりながらも自分の言葉で、自分の考えをしっかりと発表している姿がそこにありました。

もちろん、学力的にも厳しい子どもでした。

はにかみながら、たどたどしく、それでいてしっかりとした彼の表情には、数ヶ月前、目を三角にして教室でしゃがみ込んでいた面影はどこにも見あたりませんでした。

後ろで見ていた、この学校の先生のほとんどは、目に涙を浮かべてその発表を見つめていました。

その子は、表情も、物腰も、学習に対する姿勢も、1年前とは違う人間に変容していました。

これが、教育の力による行動改善の姿です。


つよし君は、1月4日から私の教室に通いはじめ、これまでにマンツーマンの個別指導、隔週90分を5回させていただきました。

私が、つよし君にとってあの若い女性の先生のように、大切な存在になることによって、この子の行動改善の道筋を付けたい

それが私の意図であり、願いでありました。


たぶん、勉強は、うちの教室の中では一番しごいている部類に入ると思います。

でも、活気はあるし、楽しいし、充実感があります。

なので、ちょっと期待はしていましたが、それでもやっぱりこのメールには、飛び上がって喜びました。


私は、クスリを否定するわけでも、ペアレントトレーニングを否定するわけでも何でもありません。

しかし、子どもの行動改善のためには、子どもが生活のベースとしている学びの場の構成、教育の果たす役割を、もっともっと見つめ直してもよいのではよいのではないかと考えています。

それがあっての、クスリであり、ペアレントトレーニングだと考えています。



絶対にあって欲しくない、架空の先生のネガティブなストーリーです。


(ネガティブ先生のセリフ)

おたくのお子さん、学校で落ち着きがないから、検査に行かれてはどうですか?

ペアレントトレーニングを受けられては、どうですか?


(SHINOBU先生の反論)

ちょっと待ってください。

先生、あなた自分のすること、何か忘れていませんか?

自分の、教育的な情熱や技術や力量不足によって起こったトラブルを、何でもかんでもAD/HDのせいにしてませか?

そんなすりかえは、いい迷惑です。

そんなのは、特別支援教育でも何でもありません。



教育の機能があってこその、医療や諸機関との連携です。

それをせずして、病院や機関に子どもを押しつけて、子どもから目をそらすのは、いい加減にやめてほしいと思います。

リタリンやコンサータを必要とする部分、ペアレントトレーニングを必要とする部分があるように、行動改善のために教育の営みを必要とする部分が必ずあります。


私は、教育の実践者ですから、当然教育的なアプローチによる行動改善をめざします。

そして、その魅力と可能性に大きな誇りをもって、日々の実践に取り組んでいます。


クスリによる行動改善に対して、それを手放しで喜べる保護者の方は、少ないと思います。

それは教育が対象としている部分と根本的に何かが違うのです。

関係機関との連携は重要ですが、丸投げは御法度です。 問題のすり替えも、もってのほかです。


つよし君のお父さんのメールが、どれだけ私に勇気とやる気をみなぎらせる結果となったか、お分かりいただけるでしょうか?


FC2ブログランキング


↑どうかランキングも見てやってください。はげみになりますので,ご協力よろしくお願いします。





コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobu1.blog117.fc2.com/tb.php/471-bb811adf
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
Author:SHINOBU
新大阪教室

bnr_personal-osaka.jpg

今までにご覧いただいた方
 

百万アクセスまでがんばりたい

カテゴリ
最近の記事
月別アーカイブ