通常学級だからこそ伸びた力 (花子ちゃんの九九記念日から)

 2009-01-31
DSC01250.jpg

花子ちゃんは、2年生から特別支援学級で勉強しています。

でも年度途中より、ご家族での強い希望、そしてねばり強い学校との話合いの末、通常学級でみんなといっしょに勉強する時間がうんと増えることになりました。

今日は、その思いがけない効果の、一例を紹介したいと思います。


2年生の算数のハイライトの一つに、皆さんよくご存知の九九があります。

私は、花子ちゃんは九九はイケルと見ていましたので、夏くらいから個別指導の時に、九九に親しむ活動を取り入れていました。

やがて芽を出す花のために、早めから畑を耕しておいたといった所でしょうか?


でもまだそのころは、数を数えるときに 「2・4・6・8・・・・・・」 と、1つおきに数えたりすることも苦手で、かなりの抵抗感がそこにありましたから、オリジナル九九カードを作成して、負荷をかけないで、毎回学習に親しませる取り組みを続けていました。

この日、すべてのプログラムを終え、ごほうびでのパソコン学習をしようという段になって、花子ちゃん 突然 「九九がやりたい~」 と言ってきました。

待ちに待ったXデー  花子ちゃんの九九デビュー 九九記念日がついにやって来ました。


1の段、2の段、5の段・・

簡単な所から、次々とクリアしていきます。

私は、胸をワクワクさせながらその様子を眺めています。


ふと、次の瞬間、花子ちゃん 「九の段、行ってみよ~」 となっちゃいました。

ちょっと待ってください、いくらなんでも九九デビューの日に九の段はないでしょ~

それに花子ちゃん、国語の時間は3組のみんなといっしょに勉強するようになったんだけど、算数はたんぽぽ学級なんだから、まだ九九習ってないでしょ?

「私、九の段言えるよ~ 言ってみようか? くいちがく くにじゅうはち くさん・・・・・・  」

おいおい、いつの間に九の段なんて覚えたの? 先生、全然知らなかったよ。

「朝の会のあと、3組のみんなといっしょに九の段の歌、歌ってるんだ~ だからもう覚えちゃった!」


こんなことなら、2の段・5の段の時から、ずっと3組の朝の会に行かせてやりたかった~ と思うのは、私だけでしょうか? うれしい反面、ちょっと複雑な気持ちです。

指導が終わり、お母さんにそのことを伝えると目を丸くされていましたが、心中はいかがなものだったのでしょうか?


下の画像は、太郎君の金曜日の連絡帳の写真です。

担任の先生が 「うつくしい」 と赤で書いてくださっています。

そりゃ、担任の先生も、お母さんも、ご家族も、そして私もいろいろと努力をしてきました。

私は入学以来、何十時間と太郎君に書字指導を行ってきましたが、私がこの急速な成長に直結するような、画期的なスペシャル指導をしたというわけでも何でもありません。

みんなで育つ環境、毎日数時間、1日にも休まず、クラスのみんなといっしょに勉強した営みの方が、重要であったに違いありません。

私はこの1年生の担任の先生を心から敬愛していますが、この先生が何か特別な指導テクニックを持っていたとも思いません。

むしろ、基本に忠実に、クラスの大切な一人として、絶対この子を大切に育んでいきたいという、いわば当たり前の事を、自然なスタンスで、愛情たっぷりにかかわった、そのことがこの子を育てたのだと確信しています。

DSC01243.jpg


個別指導は大切です。

しかし、集団での居場所はもっと大切です。

なぜなら人は、社会の中でしか生きていくことのできない存在だからです。

まずは、そこを明確にしてこそ、逆に個別支援の方法や目的が明確に浮かび上がってくるのだと、私は信じています。


FC2ブログランキング


↑どうかランキングも見てやってください。はげみになりますので,ご協力よろしくお願いします。

コメント
お久しぶりです。太郎君は、二学期まで 連絡帳書いて帰るのですが なかなか「枠」の中には、書けず 大きな字できれいに書いてました。二学期の終わり頃になり、いつの間にか「枠」の中に書けるようになり、みんなと同じ連絡帳にしました。毎日ぐらい、担任から「美しい」と書かれています。ここまで、これたのも周りの環境もあり努力だと思ってます。先々週、太郎君と一緒に 赤ちゃんの頃の写真を見てびっくりよりショックでした。顔が違ってました。「これなんだぁ」と思い、突然太郎君が「なんで、顔が違うの?」と聞いてきました。私と兄ちゃんで「ごまかし、宇宙人だっただぁ」と説明しました。子供の心理は、すごいと感じました。でも、今は みんなと変わらない顔なので。写真みたら、よくわかりますね。
【2009/02/01 07:48】 | まーちゃん #- | [edit]
まーちゃんへ

夏頃、衝動性・突発性の行動に悩まされていたことが、今ではもう、ウソのようですね。1年前とは、別人です。

生き生きとした表情・しっかりとした受け答え、

通常学級でこそこの子は育つ、というお母さんの信念が子どもを変えました。

ドクターからこの子は通常は無理と言われ、学校との対応も厳しいものがありました。

正直私は不安な気持ちもありましたが、結果を見れば、お母さんの判断通りでした。

真心と信念、そして深い愛情が人を動かし、子どもが育つ!

本当に大切なことを学ばせていただきました。

子どもの育ちに勝る宝物はありませんね。

私はこうした子どもの育ちにそり添っていることを、何よりの誇りに感じています。
【2009/02/01 10:00】 | SHINOBU #- | [edit]
花子ちゃんのご両親のがんばりと 学校が理解してくれて 協力体制で支援がはじまっていること 本当にすばらしい♪と思います。

学校を動かすことは大変なパワーが必要ですが、花子ちゃんの楽しそうな笑顔も 交流学習しているお友達も みんながきっと笑顔になれると思います。

一番は 「花子ちゃんは うちの学級の子なんだから♪」という気持ちでみんなと一緒に遊んだり学んだりできること=将来は地域で生きていくのですから たくさんのお友達 理解者があることがとっても大切です。

1回話したけどだめだった・・・という話はよく聞きます。
学校も教育委員会も1回目は様子見です。本気で話を聞いてもらうためには 何回もドアをたたくこと 聞いていただく努力を惜しまないことだと思います。

花子ちゃん 幸せだな~~って思いました♪
【2009/02/02 21:06】 | マドンナ #NetAmKeg | [edit]
マドンナさんへ

かけがえのない大切なクラスの存在

こうしたポジションがあってこそ、その子の特性にあった教育の実現が可能になっていくのだと思います。

その気持ち、その言葉ひとつで、子どもも保護者も景色が全然違って見えます。

以前私のクラスに交流で来ている子がいましたが、クラスのちょっとしたイベントに特別支援のクラスへの招待がなかったら、みんな即座に私に訴えに来てくれました。

所属の欲求は、生存の欲求です。

そこの本気度が問われると言うことなのかも知れません。
【2009/02/03 10:35】 | SHINOBU #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobu1.blog117.fc2.com/tb.php/431-4aa6100c
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
Author:SHINOBU
新大阪教室

bnr_personal-osaka.jpg

今までにご覧いただいた方
 

百万アクセスまでがんばりたい

カテゴリ
最近の記事
月別アーカイブ