FC2ブログ
 

検査等で 本当の姿を見せない子ども (数値が出なかった 本当の理由とは?)

 2008-12-08
土曜日の晩に、来年就学を控えた女の子の、就学についての相談を伺いました。

私の時間的な都合に合わせくださり、遅い時刻にもかかわらず、車で1時間以上かかる地域から、わざわざ来ていただきました。

内容は、 「親としては、地域の特別支援学級への就学を希望しているが、就学相談では養護学校(特別支援学級)を勧められ、親としてどう判断したらよいか、アドバイスをいただきたい」 という内容のものでした。


その女の子は、教室に入ってくると、早速いきなり始まってしまいました。 

いわゆる子どものお試し行動です。

少しの間もじっといすに座っていることができず、ぐねぐね動き回るわ、ぐずぐずわけのわからない奇声をあげるわ、おまけに最後には、テーブルの上に寝転がって、手足をバタバタさせるようになりました。


こりゃ、行動障害級だ、さすがに特別支援学級は無理なのでは? と正直、思いました。

めちゃくちゃ行動で、自分の目の前にいるおじさんの値段付けをしています。

さすがの私も、「お母さん、もっとこの子の事、わかってあげて! 」 という言葉が、のどの先まで出かかりました。


しかし、お母さんの話を聞けば聞くほど、どうもそうではないらしい、とてもお母さんがウソをついているようには思えなくなりました。


>児童相談所に相談に行った時も、こうだったんです。

>どれ位の数値が出たんですか?

>確か20いくつ、 重度の診断もらっちゃいました(笑)

>いつもこうなんですか?

>いえいえ、家ではわりと普通の子です。 こんな風になって、今、正直驚いています。勉強も好きだし、言うこともちゃんと聞いてくれます。 ひらがなにも興味を持ち始めました?

>えっ、そうなんですか?  じゃあちょっと待ってください。


私は、教材を保管してある書庫の中から、 「おしゃべりアンパンマン あいうえおで あそぼう」 を、その女の子に与えました。


そこから、いっぺんに女の子の様子が変わりました。

まず、机の上に寝そべるのは止め、着席行動がキープできるようになりました。

次に言語によるコミュニケーションもとれるようになりました。

また、標識・おかしやクスリのパッケージ・マークなど視覚系の入力に優位性があることも明らかになってきました。

また、おかしが大好きなようで、これならABAの強化子として、この教室であればその事も有効に活用できるのではないか、という見通しも持てるようになりました。


さっきまでは行動障害かと思っていたのに、もうこの時点で、私にはムラムラとこの子の指導に対するモチベーションが上がってきています。

「アンパンマン」 「しょくぱんまん」 「はみがきまん」「太田胃散」「これ何?」

しまいには、幼児用の指導コーナーにちゃっかり着席して、私の与えたクスリやお菓子のパッケージでおりこうさんに遊べるようになりました。


>家では、ほとんど困らないのですが、保育園では、小学校の特別支援学級では他の子に迷惑がかかるとまで言われました。

>就学時の健康診断の時は、暴れなかったが、養護学校へ行ったときは拒否的な態度だった・・

>児童相談所に検査に行ったときも、めちゃくちゃな状態だったので、それこそ測定不能→重度の診断が下され、その書類に添った内容で就学指導・相談が進められるので、誰もわかってくれない・・

>やっと、わかってくれる人に巡り会えたかも知れない・・・


ぜひ、先生に指導をお願いしたい・・ と言って、お母さんは申込書を持って帰られました。

帰る時に、その女の子は、バイバイと手を振り、おりこうにいっしょにお片付けをして帰りました。

そこにはもう、あのとんぎった三角のまなざしはありませんでした。


月曜日にはまた、就学指導委員会を交えての話合いがあるそうです。

就学にかかわる流れが、どういう形になるかは、わかりません。

ただ、この子の心の扉を開く、学校の先生との出会いがあることを、強く願っています。


IQ20?

良い機会です。

検査は断片的なプロフィールを示すものであって、可能性を限定するものではないということを、私は実践を通して、世に問うてみたいと思います。


>あれ、買って!

>お金がないのよ

>じゃあ銀行、行って!


お母さんとのこんなやりとりも、あったようです。  ここに可能性を感じない人っているのでしょうか?


どうして検査では、めちゃくちゃになったか?

家では従える指示に、どうして保育園では従うことができなかったのか?

そのことの精査を、ぜひ、関係機関の方は行っていただきたいと思うのであります。

FC2ブログランキング


↑どうかランキングも見てやってください。はげみになりますので,ご協力よろしくお願いします。


コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobu1.blog117.fc2.com/tb.php/369-14ddb7f5
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫