FC2ブログ
 

課題を明らかにして 小さなステップを一つずつ積み上げていく営み 

 2008-11-26
昨日は、かれんちゃん(ダウン症・3歳)の第3回目のセラピーの日でした。

この日は朝9時からの開始にもかかわらず、元気いっぱいに教室に来てくれました。

2週間続けて、セラピーがお休みだったのでどうかな、って思っていましたが、来るといきなり前回がんばった 「着席行動」 をしてくれ、みんなを安心させてくれました。

今日は開始の前に、この「着席行動」の他に、「積み木を入れる」「積み木を積む」(手作業課題)、 「お絵かき」「がちゃがちゃ」「くるくるローラー」「シール貼り」(操作性遊び)、 ディズニーパズル(マッチング)、 「ちょうだい」「ハーイ」「バイバイ」(音声指示による動作)などのメニューを考えていました。

DSC00578.jpg
      かれんちゃんお気に入りの 「くるくるローラー」



たった45分の間なのですが、結構いろいろな場面がありました。

まず、着席行動と教化(ごほうび)の関係が理解できたらしく、わざと席を外して私の方に注目しています。 私はその時は、当然無視をしてやり過ごしています。 ちゃっかり私を試しています。 それでも平気で無視をしていると、ケラケラ笑ってやがて席に着きます。

席に着くと私はすかさず、教化子の「シャボン玉」や「巻き取り」を吹いて見せるのですが、さすがに、席に着く=教化子の関係がはっきりとわかっらしく、何度も何度も確かめていました。


集中力の持続性もありますから、離席したらしばらくはやり過ごし、その場合は、サインとして「巻き取り」を2~3回吹けば、少しのプロンプト(支援)をするだけで、着席行動はできるようになりました。


しかし、私の心にメラメラを湧いてきたのは、活動自体のおもしろさを、何とかかれんちゃんにスモールステップで提供したいという気持ちです。

いわゆる発達の最近接領域の発見と、かれんちゃんの長所・好きなことと・楽しいこと・やりたいとこ・行動レパートリー・ストレングス等の把握です。


小学生の場合は、「勉強が出来るようになりたい」 という基本がありますから、国語だの算数だのそう言ったカテゴリーの中から、得意なことやりたいことを見つけ出し、そこを武器にいろいろなことを切り開いていくようにしています。

今日やったいくつかのメニューの中では、お絵かきが一番、楽しんで取り組んでいるように思えました。 それも、パステルではなく、ハイマーカーという幼児用のサインペンの方がお気に入りでした。

(ただ、手や顔にインクがついたり、フロアマットに描いたり、トリッキーな動きも多いので、工夫が必要だと感じました。 でも、私としては、こういうことから入り込んでいきたいと考えています)

シール貼りには、見向きもしませんでしたが、くるくるローラーは、自分で操作して遊ぶことができました。 

そう言えば、今回は、ただの1度も物を投げませんでした。 (1回目の時は、10回以上投げましたから・・・汗)

それに、「ちょうだい」や「バイバイ」など、言語系の入りは、思っていたよりもずいぶん良い感じでした。 ここもビックチャンスの領域です。


かれんママには、SHINOBU流でやらせていただきます、と宣言しています。

かれんちゃんの課題は、私とかれんちゃんとのストリーの中で構成していきたいと考えています。 もちろん、幼児への指導経験は少ないですから、どうしても小学生への指導をベースにしたものになってしまします。

事例も、文献も大いに参考にさせていただきます。 でも、かれんちゃんがかれんちゃんであるように、私は私なので、誰かのパターンを物まねしても、結局は長続きしないと思っています。

時々、プロンプト(支援)は、もう少し厳しめに行った方がよいかもしれない、と考えることがあります。そう思いながらも、結局あまり強引なやり方はしないのが私流です。

ABA・応用行動分析というと、ちょっと冷たい感じがする方もいるかと思いますが、私の場合は、まずはお子さんとの関係やストーリーの方を重視します。 ABAは本当に優れた方法だと確信していますが、それはあくまで方法であって、目的ではないと思っています。今日、指導の後半で、ちょっとつらくなったのか、教室のドアを開けようとした瞬間があります。 こういう心をちゃんとわかってあげられる先生になりたいと思っています。

今日笑顔いっぱいで着席できたのも、そこが伝わっているからだと信じています。


今度新しく、かれんちゃんより1歳上の女の子も、この教室で指導を開始させていただくことになりました。 お父さんに似たのか、運動系が大好きな女の子です。

ご縁があり、そしてここを選んで来てくださるご家族の期待に添えるよう、その子の育ちに着実な一歩を刻めるような営みを続けて行きたいと考えています。


私にとっては、新たな分野のチャレンジに、これからも真心を込めて懸命に取り組んで行きたいと考えています。

FC2ブログランキング


↑どうかランキングも見てやってください。はげみになりますので,ご協力よろしくお願いします。

コメント
初コメント!

今日も大変お世話になりました。
2週間というブランクを感じさせない、かれんの様子にビックリしました。

階段を上って、ドアを開けたら、もう自分の世界と言わんばかりの態度。
靴を脱いで棚の上に置いて、椅子に座ったら、ママには「バイバイ」と手を振るので、意外でした~。
かれんは、楽しみにしていたんですね!

「応用行動分析」といっても、個々に合った対応でバリエーションをつけていくことは、とても大切なことだと思っています。
かれんが楽しみにしている様子から、まさにかれんに合った強化が効果を発揮しているんだと感じました。

子どもの様子を観察(アセスメント)して、今の状態にあった対応をするというのは、とても良いと思います!!

かれんが小学生になったときのことを見通して、いまから石原先生にお願いしておいて良かったなぁと思っています。

あ、思い出しました!ここに書くことじゃないかも知れませんが、ついでに…。
そういえば、かれんがおむつにおしっこをして、トイレに行きたがっていたようでしたね。すみません。。。外で待機しておりますので、トイレサインが出たら、いつでも携帯にお電話ください(^_^)v!

【2008/11/26 06:13】 | かれんママ #EtR4Vtzs | [edit]
かれんママへ

教室に入って来てからの様子は、周りの者を圧倒させる勢いがありましたね。私も驚きました。

かれんちゃんの特徴や良いところも少しずつではありますが、分かってきました。

かれんちゃんをはじめ、多くの方に注目やご期待をいただいているようなので、ありがたい限りです。

これからも、真心を込めて指導にあたって行きたいと思います。どうぞよろしくお願いします。

【2008/11/26 13:39】 | SHINOBU #- | [edit]
ニューヨーク街物語「ようこそ“理想の学校”へ」

チャンネル :BS1
放送日 :2008年12月 9日(火)
放送時間 :午後6:15~6:35(20分)

チャンネル :BSh
放送日 :2008年12月 6日(土)
放送時間 :午後2:00~2:20(20分)

ニューヨークで3年前に創立した小さな学校が注目を集めている。ダウン症の子供や、経済的に恵まれない子供などが、ひとつの教室で学ぶ「アイディアル・スクール」、理想の学校である。現在の生徒数は、およそ70人。人種の多様性なども合わせて、社会の縮図をそのまま、教室に反映させようというのが、アイディアル・スクールの基本コンセプトである。ユニークな教育環境で生き生きと学ぶ子供たちの日々を追った。

【2008/12/02 13:47】 | kimiko #8iCOsRG2 | [edit]
kimikoさんへ

素敵な情報ありがとうございます。

かれんちゃんのセラピーは、今朝あったのですよ。その様子は、明日アップしますので、どうぞご覧ください。

実は、私ニューヨーク大好きです。1度行っただけですが、ぜひまた行ってみたいのです。

都会は厳しいけど、チャンスは公平、というところが私には心地良いのです。

私も、私なりの理想の学校を作ろうとしています。

先生1人、子ども1人の学校ですが、そこには大きな感動があります。この仕事を始めて本当によかったと思う、今日この頃です。

また、お越しください。 お待ちしています。
【2008/12/02 14:30】 | SHINOBU #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobu1.blog117.fc2.com/tb.php/357-bb1da8ad
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫