FC2ブログ
 

個別学習に生かす単純で大切な原理

 2008-03-07
特別支援教育にかかわる先生なら,TEACCH(ティーチ)構造化理論と応用行動分析の理論は,必ず勉強されています。アメリカなどで,一定の条件や環境が満たされたときに,大きな成果をあげており,日本の教育現場にも強い影響を与えています。度合いは違っても,知らない先生は,まずいないと思ってよいと思います。書店に行けば,山ほど関連書があります。

私も,信者というほどではありませんが,論理のベースとして大切にしています。

簡単に言えば,「きちんと整理して」「わかりやすく」「順序立てて」「ちゃんと評価する」ということです。こんなこと,何も特別なことでも何でもありませんね。でも,とても大切なことです。それは,それぞれのお子さんの特性に合わせて,「学ぶ」という原理を見つめると,要はこうなるということです。

だからと言って,この原理だけてすべての学習を構成できるかというと,そう単純なものでもないようです。臨床場面では,個々の要素が複雑に絡み合っており,アセスメント(調査)や分析力がなければ,原理・原則の適用そのものがむずかしいからです。

でも,家庭学習では生かせますよ。お子さんのこと,お母さんが一番よく知っているわけですから。

まず,お子さんの机の周りを勉強しやすいようきちんと整理しましょう。次に,学習の約束や予定をお子さんといっしょに決めて,おこさんがわかりやすいようにシンプルにまとめてどこかに貼っておきましょう。で,できたら必ずほめて,しるしやシールなど内容的なごほうびを与えましょう。決めたことは,なるべく,親の都合だけで変えないようにしましょう。短期の目標やゴールを決めて,できたら達成感をもたせて,次のステップに進みましょう。

とまあ,こんな感じです。でも,私もそうでしたが,我が子に対してはどうして感情的になって,むずかしいですよね。「何でこんなことも,わからないの」「学校で何聞いてきたの?」「もうだめだ」子どもの心を傷つけること,私は山ほど言ってしまいました。(反省=でも,それが親というものですよね)

特別支援学級でも,実際に1対1で指導を受けられる時間は,そうあるものではありません。子どもに学習の習慣が定着して,積み上げが可能な礎ができるためのシステム作り。それが自分に与えられた使命なんだと思っています。
コメント
環境を作るということはとても大切だと思います。机と椅子も・・お子さんの体にあったものを使っていますか? とお話をすると、驚かれる人が多いのですが、学校の机をみると生徒の体にあった物を使っていますよね?  机と椅子につくのも、はじめは好きな物をもって ほんの数秒から~座れたら 小さい子どもなら マーブルチョコでもいいし~そう言うと、批判する人は必ずいますが、はじめは大好きな物を見るのに席について、ごほうびに大好きなマーブルチョコ。成長にしたがって ママの大喜びや ハグ(抱きしめ)や いろんな形に変化します。

子どもの「集中」をつけていくことは とても大切なこと。そこに楽しいこと、うれしいことがあるから「学習」をするんだよ。という学習が大切・・。

私は 大手のおもちゃ屋さんで子供用にテーブルと椅子を買いました。遊びに来た子どもたちが「いいな~♪いいな~♪」って座っていました。みんな「自分サイズの特別な場所」にあこがれるんだな~と思いました。

応用鼓動分析も ママがやりやすい方法で・・・具体的に目に見えてわかるツールを使って、
教材は TEACCHや モンテッソーリの本(親向け)の本を参考にしたり、絵はネットで探して使ったりしました。
子どもの状態は 成長によって変化していくので、しっかりとした指導・アドバイスをもらえて、ママも「先生に評価してもらい、ほめてもらえる」先生って とっても勇気がわくんですよね。

なんだか、まとまらないのですが・・懐かしく思い出して・・感想のような、そうじゃないような・・すみません・・・v-209
【2008/03/07 18:18】 | マドンナ #CFnWuolQ | [edit]
マドンナさん,書き込みありがとうございます。

理論がしっかり根付いた上に,実践レベルでの適用もパーフェクト!
さらには,それをママとしてのあたたかいタッチで見つめていらっしゃる

そこにあるのは,子どもに対する深い愛情・・・

こうしたコメントのやりとりの中から,大切なことが
少しずつ明らかになっていく

このブログにとっても,なくてはならない大切な方です

また,ぜひいらしてください
心よりお待ちしております
【2008/03/08 08:10】 | SHINOBU #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobu1.blog117.fc2.com/tb.php/33-929f15cb
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫