FC2ブログ
 

ことばの問題が発生する条件(W Johnson の理論より)

 2008-10-28
今日も、土曜日のセミナーで吸収したことをみなさんにお伝えしようと思います。

4人の提案者の方のうち、2人の方が、偶然にも 「ことばの問題が発生する条件 (W Johnson)」の理論を引用されていました。

出典について、私は明確に確認をしていないので、まったくの受け売りの話になりますが、ポイント次のようになります。

言語障害の程度は、X軸に話し言葉の症状(本人の能力的なもの)、Y軸に聞き手の反応(家族・友だち・環境など)、Z軸に話し手の反応(本人の内面・性格・心理状態・主観など)の3つの軸で示すことができ、その程度は、この3つの軸に囲まれた容積で考えられるというものです。

box.jpg

ふむふむ、でもSHINOBU先生は、これをまったく別の意味に受け取っていました。 見た瞬間から、自分で勝手に、次のように置き換えて考えていました。

つまり、X軸は本人の育てていくテクニカルなこと。 (言葉の教室や言語聴覚士さんとの連携も視野に入れた個別指導を中心とした領域です)

Y軸は、子どもが楽しくコミュニケートできる場を、意図的にに構成していくこと。

そしてZ軸は、私が最も大切にしている、本人の自己イメージの向上です。


言語の指導というと、とかくX軸ばかりに目を向けがちになりませんか? それは必要だし、とても大切なことです。

でも、私はY軸やZ軸を、とても大切に考えています。 むしろ私の考えるY軸やZ軸を伸ばしていくことにより、X軸にも大きなよい影響があるのではないかと本気で考えています。

コミュニケーションは手段ですからね。 伝えたい内容や、伝えたい楽しさ、相互に通う合う心地よさなどがあって、伸びていくものだと思っているのです。

そこのベースとなる部分を作ることが、私はとても大切なことだと考えています。 学校・園の集団(小集団)で学ぶ意義も、こうしたところにあるのではないでしょうか?


FC2ブログランキング


↑どうかランキングも見てやってください。はげみになりますので,ご協力よろしくお願いします。





コメント
人間の成長に必要な支援は
「360度の働きかけ」だと思っています。

「就労」「親なきあと」という言葉のもとに
「行政」や「教育」の専門家が現状で判断されるある一方向のべクトルへの誘導。

親亡き後は30年後。
だれが真実を知っているのでしょう。
「今、現在の彼らの望むありよう」を積み重ねた結果が将来につながります。
「彼らのありのまま気持、ハンディを抱えながらなんとか今日1日無事すごせること」
そうしたことを真ん中に個々の支援を考えたいと思います。

360度支援ですので、時には空回って元に戻るもしょっちゅうですが
考えぬいたことは決して無駄ではないと思っていますし
彼ら本人にもその気持、行動の真意は伝わっていると思います。

「あるべき論」のようなものが蔓延している気がします。
「用意されたものにのるのは簡単」ですし「親としてだれかに下駄を預けたい」気持になることも時にはあります・・。
でも、「自分で考え、自分で行動し、その結果を粛々と受け止める」当事者でありたいなあと思っています。


知能ひとつをとってもIQは一面にしかすぎないかと。
IQ的な「流動的知能」と英知に関する「結晶的知能」があるといわれています。スローラーナーなりの結晶をさせていきたいなあと思っています。

【2008/10/28 18:13】 | 双子の母 #PNOQ3fDM | [edit]
双子の母さんへ

なるほど・・ 

私たちのセミナーでは方法論だけでなく、そこに通う「思い」、そしてその子の物語を大切にしていこう、というのがテーマだったのですが、それは、言い換えれば「360度」の支援そのものだと私は思います。

私の願う、主体者としての保護者の、あるべき姿を示唆していただいたように思います。

さすがの一言に尽きます!
【2008/10/28 18:25】 | SHINOBU #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobu1.blog117.fc2.com/tb.php/308-bd803759
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫