FC2ブログ
 

子どもの心に息づく 大切な母のからの贈り物

 2008-09-28
花子ちゃんは、昨日お母さんが買ってくれた本を、私に読んで聞かせてくれました。

後でお母さんにお話を伺うと、 「何はできなくとも、人の気持ちのわかる心優しい子に育てたい、だから、この本を選んだ・・」と教えてくれました。

花子ちゃんは、本読みが得意で、スラスラと、次々とページをめくって読み進めていきます。

でも、ところどことろ、とばして読んでいるとことが、ありました。 見ると、そこは母熊が子どものために、人里の柿ををとり、猟銃で撃たれた場面でした。

かわいそうだから、とばして読んだんだね、と尋ねると、こっくりとうなずきました。


私は、幼い頃、母と生き別れましたが、その母が私に2冊の本を残してくれました。

その1冊が、世界文学全集の中のギリシャ神話でした。

その本の最後のページに、母が直筆でメッセージを書いていました。

「SHINOBU君、本を大切にしましょうね。繰り返し読むことで、きっと大切なことがわかる日がやってきます。 ママ」


その本にはひらがなのルビが打ってありましたから、小学校の1年生の時から、私はギリシャ神話を、寝る前に、毎日毎日読み続けていました。

夜になると、私の周りには年老いた祖母1人しかいませんでしたから、その本に母のぬくもりを感じていたのでしょう。 

今から思うと、小学校1年生で300ページ以上の厚さのある本を毎日読むことは、不自然なことかも知れませんが、当時の私は、それが生活の大切な一部となっていました。

40年経った今でも、一部ですが、その内容も挿絵も思い出すことが出来ます。 

特に、子どもを殺した罪を償う 「ヘラクレスの12の仕事」 は、胸を踊らせながら、何百回となく読み返したものでした。


思春期になると、さすがに「ギリシャ神話」も「ヘラクレスの12の仕事」も、どこかに飛んでいってしまいました。

中学の頃は、恥ずかしながら、私はかなりの非行に走っていましたので、学校の成績は悲惨なものでした。

でも、努力はしませんでしたが、国語だけはそれなりの成績を保つことができていました。


その後、十数年の歳月が過ぎ、私は自分の夢を実現し、学校の先生になることができました。

教員になると、私は「個と集団の育ち」をテーマに、特別活動の研究に取り組んでいました。 その時、岡山の特別活動の礎を確立した尊敬する先輩が、ある日、 「君の言葉の豊富さは普通じゃないね」 とほめてくださいました。

特別な何かをしたわけじゃないのに・・と考えていたその瞬間、私は、それが母からの贈り物であったことに、初めて気がつきました。

私を支えるすべてが、このギリシャ神話の中にあるんだと、そのとき私は強く思いました。 今の私の活動を支えている自分に対する肯定的な理解も、つまりはこの中にあるのだと信じています。


この日、花子ちゃんは、下校中に友達とのトラブルがあったようです。

熊のお母さんが猟銃で撃たれるところを、とばして読む花子ちゃんだからこそ、トラブルが起こるのです。


特別支援学級にいる子は、感情理解ができない?

発達障害の子は、何をするのかわからない?


どうしてこんな差別や偏見があるのでしょう。 とんでもない話です。

どれだけこの子が心優しい心の持ち主であるか  そして、どれだけ傷つきやすい繊細な気持ちの子であるか

私たちは、知っています。


いつも指導が終わると、花子ちゃんとお母さん、そして妹までも外に出て、私の姿を見送ってくれます。 時には、ぎりぎりのところまで走りながら手を振って送ってくれます。

その姿を背中で感じながら、私は、家路に向かいます。

いつの日かこの子が、母の想いの深さに気づき、感謝し涙を浮かべる日がやってくるのだろうと、思いながら・・

FC2ブログランキング


↑どうかランキングも見てやってください。はげみになりますので,ご協力よろしくお願いします。
コメント
え~~ん。
SHINOBUさんの過去が見えて、
そして、お母様のメッセージに涙が出ちゃいました。

SHINOBUさんは、お母様からの愛情をしっかり受け止めて
今、こうやってみんなに愛を渡しているのですね♪

うちの息子も、大きくなって
誰かに愛を伝えてあげられるようになってくれたらいいなぁ。
【2008/09/28 09:48】 | ちゃみ #- | [edit]
ちゃみさんへ

最近、年取ると余計に感傷的になってきました。

人が生きる原点は、こんなことにあるのかも・・

うちの娘は今日、大げんかしていたした。 ヤレヤレ・・
【2008/09/28 16:13】 | SHINOBU #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobu1.blog117.fc2.com/tb.php/271-7559fd19
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫