FC2ブログ
 

苦手なことがあっても あきらめてはいけない (算数指導で見えた希望の光)

 2008-09-29
いつまでも指を使って数え足しばかりしていると、次へ進めない、早くやめさせないと・・

時々そんな声を聞きます。 


数を量的にとらえることによって、数理的な処理方法が発展的に向上するので、目指す方向としては正解だと思います。

しかし、継次処理優位な子は、順序数で足し算処理を行っていきます。 そんな子に、手だてなしで視覚的・量的にとらえさせようと思っても、基礎的な認知能力が育っていなければ、混乱するばかりです。


じゃあ、どうすればよいのか、ということで、私は次のように取り組んでみました。

まず、得意な数え足しを使いながら、小さなステップをクリアさせながら、経験をと自信を付けさせます。

ここで重要なのは、まず、算数が嫌、という心理的なバリアを取り除くことです。 出来ないこと、苦手なことに、サポートなしで、毎日単調に責められ続ければ、子どもの心は相当痛んでいるはずです。


数え足しでも、やってれば、いろいろな能力は向上していきます。 数の継次的な処理能力も向上します。

で、ここで忘れてはいけないのは、数え足しをベースにして能力アップの取り組みを続けながらも、量的・視覚的に数をとらえさせる同時処理的な指導をミックスして、マルチセンソリーに指導を組み立てていくことです。

具体的に言うと、数図ブロック・数え棒・すごろくゲームなど、片方でいろいろな算数的な活動を取り入れていきました。

花子ちゃんは、半年前、サイコロの目を見ていても、はっと見てそれが「4」とは認知できませんでしたが、今では楽勝です。 すごろくゲームをしていて、「5」が出たら「1回休み」になっちゃう、と平気で言えるようになりました。

少し前は、1~10までの指の写真をカードにして、かず当てゲームをしていましたが、今ではそんなカードも必要なくなってきました。

今でも計算は、数え足しですよ。

でも、長さ調べの技能も向上してきました。 繰り上がりのある足し算も、繰り下がりの引き算も、2位数の筆算も、楽々できるようになってきました。 計算のスピードは、飛躍的に向上しています。

継次処理をベースにしながらも、同時処理の活動で付けた力が生かされている構図です。

本人の認知特性・得意技をまずしっかりとらえた上で、マルチセンソリーな活動を通して、子ども自身がとの良さを体感できるよう教育のプログラムは構成されるべきだと思います。

むずかしいようですが、要は、得意な方法で学習に自信を付けながら、苦手なことをクリアする、ただそれだけです。

特に、学童期前半の学習のつまずきで、学習活動自体が停滞するのは、本人の成長にとってもったいなさ過ぎです。

どのルートから行こうが、それは関係ないことです。 脳の可塑性の高いこの時期の子どもに、いろいろな刺激が与えられ続けることによって、その可能性の道は、発展的に開けていきます。

決して希望を失うことはないのです。


FC2ブログランキング


↑どうかランキングも見てやってください。はげみになりますので,ご協力よろしくお願いします。
コメント
本当に、その子(人)によって、同じことを処理するのでも、考え方の道筋はぜんぜん違いますよね。
私の娘と息子も、数の捉え方も、文の読み方も、全く違います。
娘はひとつひとつ順番に(継次処理?)、息子はパッと見て直感的に、です。
娘は小1で、当初、算数が得意ではない様子でしたが、引き算の文章題など、あきらめずに取り組んでいるうちに、苦手意識がなくなり、むしろ「私も算数が得意になってきた!」とまで、言うようになってきました。(←暗示^^;)
やり方を見てると、やっぱり数を1つずつ追って計算する、花子ちゃんに近い計算のしかたなのですが、でも、要はSHINOBU先生の言うように、自分の得意な方法で、苦手な学習をこなせるようになれば、それでいいのでは?と思っています。
【2008/09/29 11:19】 | ミカ #- | [edit]
はじめまして。
娘はさんすうが苦手で本人もかなりの苦手意識をもっています。
ただ、少しづつですが前よりも取り組んでくれている気がしています。
どんな教え方が本人にあっているのか試行錯誤が続きます。
今後ともよろしくお願いします。
【2008/09/29 15:54】 | はらぺこ親父 #- | [edit]
ミカさんへ

親だからこそ見える部分はあると思いますよ。 習うより慣れろみたいなところもあるし・・

前へ進んでいる手応えが一番大事かも知れません。

逆に親が自分の子を教える難しさもありますが、ミカさんなら、きっと上手にやられていると思います。

算数の実践も、またブログで紹介してください。 ぜひ拝見させていただきますので。
【2008/09/29 18:17】 | SHINOBU #- | [edit]
はたぺこ親父さん

ようこそいらっしゃいました。 これから、お仲間としていっしょに工夫していきましょう。

また、ブログにも訪問させていただきますので、その時はよろしくお願いします。
【2008/09/29 18:19】 | SHINOBU #- | [edit]
こんにちは。うちの我が子は、算数が出来ませんでした。21からの数が頭の中で、混乱する状態でした。でも、それがいつしか 日常生活の中で、階段上り下りとか バス何台だったとか しているうちに、しっかり頭の中に数を入れていました。家族で食べに行った時、「くるくる寿司」でお皿を数えていました。それも21からの数を。はっきりと言えるようになってた事にびっくりして褒めまくりました。算数が好きになったみたいです。日常生活は、ちょっとの事で 大切なものを学ばせてくれます。私は、我が子をあきらめません。ここまできた以上は。
【2008/09/30 09:33】 | まーちゃん #- | [edit]
はじめまして。
私は、2人の子どもを育てながら、保健師をしています。(育休中ですが・・・)
昨日、初めてブログを見て、反省、後悔、いろんな思いがめぐっています。
保健師として、お母さんたちをたくさん傷つけてきたのでは・・・?と。
それと、子どもとの関わり方を振り返ることができました。
姪っ子が算数を苦手としているので、楽しく学べる関わり方をするよう、周囲にいる親、私たちも気をつけないといけませんね。


【2008/09/30 12:05】 | ちはる #- | [edit]
ちはるさんへ

最近、保育園の巡回相談に行っていると、保健師さんのお話がよく出てきますよ。

今、保健師さんは重要なポジションにあると思います。

ちはるさんのような感覚の方なら、きっとお母さん方から信頼されるのではないでしょうか?

こちらこそ保健師さんのお立場から、いろいろなことを教えていただければと思います。 どうぞよろしくお願いします。
【2008/09/30 12:24】 | SHINOBU #- | [edit]
まーちゃんへ

すみません、なぜかここのお返事忘れていました。

くるくる寿司で数を数えるとは、なんて素敵な事例でしょうか。

これなら一皿の量的感覚が、ばっちりとらえられます。

こういうことは大切ですよね、さすがです。
【2008/10/03 14:25】 | SHINOBU #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobu1.blog117.fc2.com/tb.php/269-adfb30c6
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫