FC2ブログ
 

がんばれ鳶職! 自立に向けて (就労に向けて歩む教え子へのメッセージ)

 2008-08-14
私が、以前小学校6年生の副担任をしていたころ、教室で勉強できなくて、校内を徘徊している2人の男の子にかかわっていました。

そのうち一人は、中学から特別支援学級へ、もう一人は通常学級へ行きました。

通常学級へ行った子の様子を見に中学校へ行くと、その子はちゃっかり、何事もなかったように通常学級の教室でノートをとっていました。

その後、高校に進学したものの、結局1年位で中退してしまいました。

いつだったか 「おれは、○○高校へ行って、お父さんの跡を継ぐ」と、言った日のことが、目に焼き付いています。

一方、特別支援学級へ行った子は、友達からの心ない言葉に傷つき、中学生活の適応はかなり厳しかったようです。たまたま、お好み焼き屋さんで会った担任の先生から、そういう内容のことを聞きました。

高校は通信制のところへ行きましたが、この子も1年もたずにやめてしまいました。

私は、副担任でもあり、特別支援のコーディネートのようなこともしていましたから、その二人のご家族の方とは、ずいぶん時間をかけていろいろなことを相談していきました。

今から考えると、あの時、何が一番大切だったのか? 良かれと思ってしたこと・言ったことが、本当はどうだったのか、振り返り、何か複雑な思いに駆られるときがあります。

そのうちの一人が、このブログで紹介している孝志君です。

ご縁があって、5月と6月に一緒につりに行きました。

7月には、お母さんといっしょに、発達支援センターに就労相談に行きました。

では、8月は? と思っていると、孝志君のお母さんからメールが届きました。

この孝志くんと、小学校時代一緒に校内を徘徊していた男の子が、鳶の仕事を一緒にすることになった、という知らせです。

この孝志君の仲間は、今、ほとんで高校に行かず、深夜につりに行ったり、何をするのでもなくたむろしたり、果てしなくゲームをしたり、誘惑にはからっきし弱い、かなり危険な仲間です。

詳しくようすを聞いてみると、そのメンバーの名前は、当時私が生徒指導担当としてかかわった子ばかりで、今でも関係が続いているのか、何て狭い世界でぐるぐる回っているのかと、ただただ驚くばかりでした。

でも、私には、希望の光があります。

それは、つりに行ったときの孝志君の心は決して腐っていなかった、ということです。朝7時から、夕方4時までいっしょに過ごした孝君は、課題はまだまだあるけど、私にとっては愛すべきいい男です。

お母さんが心配している、鳶の相棒も、しばらく会っていませんが、きっと中身はそんなに変わっていないのだと思います。

むしろ、よくそんな状況の中でがんばってきたねと、抱きしめてやりたいような、そんな気持ちでした。

孝志君の携帯は、しょっちゅうアドレスが変わったり、機種が変更されます。

勉強じゃなくて、人生の大切な所、育てなくてはいけない、そんな思いでいっぱいです。

今回のアドレスでの返信が、なかなか返って来ないので、かなり気になっていますが、それはきっと、慣れない仕事でヘロヘロに疲れているからだと、勝手に想像しています。

もう少し経てば、いっしょにお酒も飲めるようになります。

きっと、あのメンバーは、それとなく続いているような気がします。

大したことはできないけれど、先生が君たちの一生の応援団であることだけは、本物であることを伝えたい。

そして、君たちは、まんざらでない、いい奴だということも伝えて行きたい。

そこさえしっかりしていれば、道はいくらでもあるんだよ。

せまい価値観で、必要以上に、自分たち追い詰めなくてもいいんだよ。

ていねいに、誠実に、心を込めて、社会の中で、自分らしさを発揮して欲しいと、これからも、心を込めて応援させてもらうからね。

そんなことしかできないけれど、先生が、ジジイになっても、そこは変わらない。

FC2ブログランキング


↑どうかランキングも見てやってください。はげみになりますので,ご協力よろしくお願いします。
コメント
前回書いた重度の障害の子が、再実習に来ています。見てても やる気がなく それが全く見えません。自分に対しての甘えがあるみたいで。ある日、めったに誉めない男性職員が、「頑張ってやってるよ。いいんじゃない」と言っていました。ちょうど、その横で聞いていたので、目が点になりました。まさか、この男性職員が 誉めるとは思いませんでした。この男性職員は、介護福祉士で 勤務年数は長い方。する事は、きちんとする方で、早く行ったら貴重面なので、一緒の勤務になると、私としては 疲れる方なんだけど 早い。少しずつ認めてくれる方がいるので、その子には 頑張ってほしいです。耳が聞こえない分、コミュニケーションが 難しいみたいです。その子にしてみても、我が子が社会人になった時、はたして休まずに行くかどうか!今は、経歴がないといけない時代になったけれど、経歴だけで判断してほしくないし、中身の問題だと思います
【2008/08/14 15:23】 | まーちゃん #- | [edit]
まーちゃんへ

リアルな現場での、最前線での話です。

要は、中身・品質であるというのは、夢工房の部長さんも強調されていました。

プロである以上、甘えは許されない。だからこそ、やりがいも可能性もあるのかも知れません。

プロという場面では、ある意味、差別も区別もありえない。公平だからこそ厳しいという側面もそこにあるのではないでしょうか?

また、大切なことを教えていただきましたね。
【2008/08/18 06:30】 | SHINOBU #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobu1.blog117.fc2.com/tb.php/223-4183ddef
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫