FC2ブログ
 

子どもの夢をかなえたい

 2018-11-28
IMG_2109.jpg




今高等部に通う女の子が、私のことを作文に書いてくれました。

小学校3年生の時から、もうかれこれ7~8年サポートさせていただいている子です。

うれしくてたまらないので、紹介をさせていただきます。



大切な人

SHINOBU先生は白ゆりの先生です。
白ゆりは、個別塾です。

知り合ったのは、小学校3年生の時です。
優しくて、楽しくて、明るい先生です。
話を聞く時よく分かります。

SHINOBU先生との思い出は、三枚のお札を勉強したことです。
三枚のお札は、とてもおもしろかったです。
今まで勉強した中で一番褒めてくれて、とても嬉しかったです。

私が
「これはこれでこうしてこうなったからだと思う。」
と説明したら、あっていました。
「このお話のことを理解してるね!」と言ってくれました。
それがうれしかったです。

お話の面白さが理解できて嬉しかったです。もっと理解できるようになりたいと思いました。
SHINOBU先生は、これからの未来を教えてくれました。
将来どんどんお話を読んで理解できると、お話が今までより面白くなるし、自分でお話を作ることもできるから、楽しみにしておいてもいいと思うと言ってくれました。

それを聞いたとき、いつか本当にそうなればいいなと思いました。
今は、物語は書いたりはしてないけど想像はしています。
作文は書いています。
作文を読んでもらった時に感想を言ってもらうことが楽しみです。

SHINOBU先生へ
先生には小さいころからお世話になりました。レッスン中に昔のこととかの話をしながらやるのを楽しみにしていました。先生とレッスンをすると昔のことなのに最近のことのように思えます。これからも先生のところへ通い続けるのでよろしくお願いします。





真摯に学びに向かい合う子どもの瞳ほど、美しいものはありません。

この子の言語の力が劇的に伸びた期間は、複数回ありました。


私が子どもの可能性を信じてやまないのは、こうしたリアルな子どもの成長を、間近にずっと見てきたかたです。

「いつか本当にそうなればいいなと思っていました」

その思いを何としても叶えてあげたい。


私たちのチャレンジはこれからもずっと続いていくのです。

コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobu1.blog117.fc2.com/tb.php/2216-7526a823
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫