FC2ブログ
 

感謝感謝の日々

 2018-09-10
IMG_1738.jpg









先日、小規模保育園の親子遠足を行いました。

前日の天気予報では、降水確率が40~60%と出ており、半分中止を覚悟していましたが、夜明け前から徐々に予報が変わり、遠足開始の10時には、暑くもなく寒くもなく、薄曇りの絶好の日和となりました。


園長になって1年余り、

新園設立から2年余り、

ようやく園の運営にも、教育・保育のポイントも理解度が徐々に高まってきました。


この日の遠足では、20人足らずの子どもに、10名以上の職員で対応しました。

保護者の皆様も、日々厚い信頼度や期待を寄せてくださり、何としてもその期待に応えたいと、職員の意識も高まってきました。


お友達や先生とのかかわりの中で、計画的・教育的に系統化されたプログラムの中で、人はこうして、人としての基礎的な能力・感性・社会性・感覚などを身につけていく。

その育ちの一つ一つが、私にとっては新鮮で、感動と喜びの毎日でした。


家庭だけでは出来ない専門性の高い子どもの育てを、

ここを選んで良かったと、心から安心し信頼して、大切な子どもを預けられる保育・教育の場を、

自信と誇りをもって、子ども育ての仕事に打ち込める職員、


それぞれの子ども、一人一人の子どもの育ちをしっかりと見つめること、

地域の子ども集団の中にあって、それぞれの子どもの可能性を、最大限に伸ばしていくこと、

これまで私がずっと大切にしてきたそのことを、ご縁があったこの環境の中で、しっかりと具現化していきたい。


天候もさることながら、私のもってる運は普通ではありません、

力自体は本当に微力な私ではありますが、こうした恵まれた場で仕事が出来ることに、感謝感謝の毎日なのです。



コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobu1.blog117.fc2.com/tb.php/2201-bf804cde
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫