指導における顧客満足度

 2008-02-25
下の画像は,H20,2,24(日)に「湯郷温泉 かつらぎ」でいただいた朝食です。

ぼくは,どちらかと言えば,ラーメンとかとんかつとか,焼きそばUFOとか,いわゆるジャンクフードが大好きなんですが,さすがにこの日の朝食には感激し,朝からごはん3杯もいただき,心から満足しました。さすがに毎日とは行きませんが,記念日には少しくらい高くても,ぜひもう一度来てみたいと思いました。たまの贅沢で,また明日から,いっしょうけんめい仕事がんばろうっていく気になりますよね。活力がでます。

実は,「白ゆり学習指導教室」のコンセプトは,これに近いものがあります。何といっても,子どもにとって学校は切り離すことのできない大切なものですから,それにとって代ろうという気はサラサラありません。しかし現在,支援の必要なお子さんが,質の高い個別指導を受けられる機会はほとんど見当たりません。

学校で生き生きと学習していけることを目指して,まさにオーダーメードで,目標を明確にして,2年3年と計画的に指導をすれば,子どもはどうかわるだろう?今,ぼくが一番実証してみたいことがらです。

「困り感」で有名な岡山大学の佐藤暁先生は,ぼくに「たのまれない仕事は受けるな」と教えてくださいました。

「白ゆり学習指導教室」は,チラシも広告も,最小限(できればなし)で運営していきたいと思っています。それは,Customer satisfaction「顧客満足度」を満たすことが,最高の宣伝になるし,そのことにこだわった質の高い教育を行っていきたいと考えているからです。

DSC00200.jpg
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobu1.blog117.fc2.com/tb.php/22-1b98b6b9
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
大切さを全国に伝えたい
Author:SHINOBU
新大阪教室

bnr_personal-osaka.jpg

今までにご覧いただいた方
 

百万アクセスまでがんばりたい

カテゴリ
最近の記事
月別アーカイブ