FC2ブログ
 

苦しい時間の中から得たこと

 2018-01-30
IMG_1287.jpg









先週、私が大学で担当させていただいている後期の授業が終了し、先ほどその成績を確定しました。


この大学は、私の職場から10分で行けるという至近の距離にあります。

学園では私の母も娘も友人もお世話になり、同じ学部には大学院でお世話になった先輩、幼なじみの後輩、それから教職支援室には教育委員会で大変お世話になった先生がご勤務されており、そのご縁の深さに感謝の気持ちでいっぱいです。


私が担当させていただいているのは、前・後期とも月曜日の2限なのですが、土日のほとんどは大阪におり、慣れない仕事ということもあり、毎週準備などに追いまくられた日々が続いていました。

後期の授業は1年の学生さんが対象でしたから、発達や支援に関わることについては、ほとんど何も知らない学生さんも何人かいました。


しかし、その学習態度は前向きで、私の話に何度もうんうんとうなずいて聞いて聞いてくれる学生さんが多くいました。

授業後の感想を見ても、「将来は専門性を生かして、子どもたちのために自分のできることをしていきたい」と、力強いコメントがいくつもありました。

今は、一定の責任を果たせたことに、安堵の気持ちがいっぱいです。


新しい事業所の開設、保育園園長の就任、大学での講師、

この1年本当に苦しかったけど、引き受けて良かった。


もうすぐ節分、

新しい春を目の前に、新年度からさらに豊かなスタートができる基盤を作っていきたい、

心からそう願っているのです。









にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

↑ 大切さを全国に伝えたい! 応援の1クリックを よろしくお願いします。
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobu1.blog117.fc2.com/tb.php/2184-3ee3a045
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫