つながり

 2018-01-14
IMG_1263.jpg










日曜日の大阪は、一人の欠席もなく、朝9時から夕方の6時まで、9人連続のレッスンをさせていただくことが出来ました。

さすがに大阪の地でのレッスンですので、2月にあるダウン症療育研究会のプログラムを机の上に置いていると、私は篠原先生にお世話になった、この子は玉井先生にみてもらったと、そのつながりの深さを実感させていただきました。

そして、その枠の中に私が加えていただいていることを、とても恐れ多くも光栄なことだと感じていました。


この10年、私は仕事ばかりに打ち込んでていて、近所付き合いも、友達付き合いも、まったく疎遠な状況です。

でも、そんな私にも、兄と慕う大切な先輩がいます。


土曜日の朝、ちょうど新幹線に乗るタイミングで、石田純一さんとの食事会に誘われました。

翌日が石田さんの誕生日だということもあるし、こうまでして誘ってくださるのは、普通ではないと判断しておじゃまさせていただくことにしました。


土曜日はレッスンに若干の空きがありましたから、その時間に必死で翌日の9人分の教材を作り上げ、夕方7時に岡山にとんぼ返り。

食事をいただき、先輩と石田さんにご挨拶をしたあとに、最終の新幹線に乗って、もう一度大阪の教室に帰りました。

荷物はありませんでしたが、ぎっくり腰の最中でしたので、移動の途はとても苦しい状況でした。


私はただ、自分のしたいことを、いつも自由にしているだけだし、もはやこのスタイルは誰にも止められない、

だからこそ、理解者なくして、自分の今がないことは重々身にしみているのです。


日曜日の9連続レッスン、

やりきった感満載です、

そして、このことはきっと次につながる、


私にはこれしかありませんからね、

こんな私でも必要としてくだることが、そもそもあり得ないことだと感謝しています。

こんなつながりは、ずっと大切にしていきたいと願っているのです。











にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

↑ 大切さを全国に伝えたい! 応援の1クリックを よろしくお願いします。
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobu1.blog117.fc2.com/tb.php/2177-fbf40a66
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫