FC2ブログ
 

反省

 2017-12-28
IMG_1185.jpg










先週から首のつけ根の脂肪のこぶが化膿し始め、どうしてもがまん出来なくなったので、火曜日に病院でその部分を切って膿を出してもらいました。

月曜日は、大学での講義、給料日、職員会議などが重なり、病院に行きたくても行く時間が取れませんでした。

何とか穴を空けずに乗り切ることが出来たものの、ベストでない体調での取組は、子どもたちにも、学生さんにも、職員にも申し訳ない思いでいっぱいになりました。


メスは入れましたが、その傷はわずか1センチほどで、痛みは麻酔が切れてもさほどではありませんでした。

それよりも、化膿による痛みはほとんどなくなり、普通に眠ることができるようになりました。


振り返ってみれば、平成29年度には、発達支援センターに新しい管理者を据え、インクルーシブ教室を立ち上げ、小規模保育園の園長に就任し、就実大学での授業も開始しました。

自らが企画推進した事業の中に、依頼された仕事がいくつも重なってきたという状況でした。


土日のほとんどは、大阪でのレッスンを行い、その中に二つの事業所の指導監査があり、来年2月にはダウン症療育研究会の教育講演という大役を頂戴しています。

正月にはずっと部屋に缶詰で、ただひたすらたまっている仕事を一つ一つ片づけていくしかありません。


元々力のない自分なんだから、人の2~3倍やらなければ、まともなことは何もできない。

でもその中で、引き受けたレッスンだけは、体調などの理由でキャンセルすることがなかったのが、何よりの誇りです。


しかしながら、仕事の量と質のバランス、さすがに少し調整する必要な時期になってきました。

私ももう59歳、自分の体力とも相談しながら、身の丈に合った生き方について考える必要もありそうです。












にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

↑ 大切さを全国に伝えたい! 応援の1クリックを よろしくお願いします。
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobu1.blog117.fc2.com/tb.php/2171-d04c15f7
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫