FC2ブログ
 

続々と届く合格通知

 2017-12-20
gokakututi.jpg










この1週間のうちに、3人の子の合格のお知らせをいただきました。

そのうち2名は私立の中学校へ、もう1名は高校への進学が内定したことになります。


それぞれの子には、それぞれに苦しい時期がありました。

それだけに、ご家族の喜びはいかばかりかと、熱い気持ちで胸がいっぱいになりました。


「先生に出会って、初めてこの子は勉強が楽しいと言ってくれました」

そのうちの一人のお母さんは、そんな言葉をLINEに添えてくださいました。


もちろん、合格通知はゴールではなく、新たなステージの幕開けとなるものです。

そこにはきっと、苦しいことさえいくつも待ち受けていることでしょう。

しかし、こうした晴れやかな気持ちで新しい晴を迎えることの出来ることを、何ともうれしく感慨深いものに思えてならないのです。


子どもは学びを通してこそ、自分に対するプラスの気持ちが育ち、そのことをもってこそアイデンティティが確立し、自分の生きる意味を知り、社会の中でその子らしさを生かして自己実現していけるのです。

これからもずっと、すべての子どもに、公平に、豊かな学びの機会を提供していきたい。


私のやっていることは、きっとほんのささやかなことにしか過ぎないのです。

それでも私のこの足は、ずっとずっとこの道を選び続けるのだと感じているのです。









にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

↑ 大切さを全国に伝えたい! 応援の1クリックを よろしくお願いします。
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2017/12/20 20:55】 | # | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobu1.blog117.fc2.com/tb.php/2168-6de1d701
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫