FC2ブログ
 

誇りに思う君の育ち

 2017-10-30
IMG_0978.jpg









長い間直接子どものレッスンにかかわっていると、色々な子どもに出会ってきます。

はじめから相性がぴったりと合い、卒業まで弾むように取り組む子もいればそうでない子もいます。

初めて幼児のマンツーマンレッスンを始めた頃は、ずっと泣き続けてレッスンにならなかったことや、次から次へと手当たり次第玩具をほり投げられて途方に暮れたことだってあります。


写真の男の子は、この頃目に見えて急成長を遂げている子です。

今では、30分間一度も意識が切れることなく、活動に集中することが出来ます。

コミュニケートも豊かになったので、マイナス行動を引き起こす要因がなくなりました。


表情も笑顔いっぱい、私も楽しいので笑い声が絶えることがありません。

理解言語も増え、表出言語も格段にクリアになってきました。

おまけに知的教材への達成動機が高くなり、ひらがななど文字に対する意欲も日に日に高くなってきました。


この一年で、どれだけ大きな成長を遂げたことでしょう、

この子の成長は、私の手柄でも何でもありませんが、ずっとずっとその育ちにかかわり続けられたことを、私は何よりの誇りに感じるのです。


こんなことがあるから、この仕事はやめられませんね。

どの子にもあるその可能性、

成果の見えにくいときこそ、教育者としての真価は問われるのです。


あなたは私たちの宝物、

今後さらなる成長を、ずっとずっと楽しみにしています。









にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

↑ 大切さを全国に伝えたい! 応援の1クリックを よろしくお願いします。
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobu1.blog117.fc2.com/tb.php/2150-be660a7a
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫