教育は人を変える

 2017-08-23
IMG_0405.jpg








なかなか行動のコントロールがとりにくく、静かに着席することが出来にくい小学生の男の子がいました。

お母さんが、ぜひともSHINOBU先生のマンツーマンレッスンを受けたいと、お申し出をいただいていましたが、当初は床に寝そべったり、大きな声を出したりしていて、もう少し落ち着いてからと、ずっとお断りしてきました。

そこを何とかと、すがるようにおっしゃるので、とうとう私も観念して、スケジュールの隙間をこじ開けるように、そのこのレッスンをお引きすることにしました。


ところが、レッスンを重ねていくうちに、大きな変化が次々に現れてきました。

鉛筆で書かれた文字を見れば、記入枠の中におさまる文字は書けず、そのつもりで見ない限り何を書いているのか判別不能でしたが、よくよく見れば設問に対する答えには、ちゃんとなっている。

九九にしても何にしても、書かれた文字は雑であるけれど、それは文字が極端に雑というだけで、その部分を差し引けば、結構な理解度を示すことがわかってきました。


おまけにこの子は、向上心が強く、学びたがっている。

ならば、書字の部分については、少し長い目でみてやって、書字以外の部分、いわゆる理解の内容について、適切な課題を設定して、きちんとした評価をしてみよう、

私は、そんなふうに考えるようになりました。


昨日やってきたその子は、大好きなアンパンマンのフィギュアを提示しても見向きもせず、静かに着席して、すぐに学習を始めました。

相変わらず字は雑で、所定の枠の3倍くらいの大きな字でしか書けませんが、よくよくみるとその字の正確さは徐々にブラッシュアップされてきて、結構きれいに書けている文字も、だんだんと増えてきました。


予定した教材をすべてやり遂げ、その間、離席をすることもなければ、大きな声を出したりすることも1度もありませんでした。

15分でもまともに学習できればと思っていたところが、その倍以上、一度も集中力を切らすことなく、学習に取り組むことができました。


私は、その子との間に、あたたかい信頼の絆が結ばれ始めたことに気がつきました。

何日か前まで、大きな声を出して着席も出来ず、廊下に寝っ転がっていたあの子かと思うと、教科の学習の充実感が、これほどまでに子どもの行動改善に大きな影響をもたらすことを目の当たりにして、教育実践者として身震いをするような感動に包まれました。


母がなぜ、あれほどまでに、何度お断りをしても、私のとのレッスンをずっと希望してくださったのか?

やがてこの子は、きっとなくてはならない私の宝ものとなることでしょう。


学びを通して子どもは、単なる知識以上に大切なものを培っていく、

その営みを、決して見失ってはいけない、

その大切さとむずかしさを、この母子は、しっかりと私に伝えてくれたのでありました。










FB-f-Logo__blue_58.png Facebook

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobu1.blog117.fc2.com/tb.php/2124-c6f4606e
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
大切さを全国に伝えたい
Author:SHINOBU
新大阪教室

bnr_personal-osaka.jpg

今までにご覧いただいた方
 

百万アクセスまでがんばりたい

カテゴリ
最近の記事
月別アーカイブ