大切な私の子ども

 2017-06-22
DSC00400.jpg









先日、保育園の参観日がありました。

園長になって、初めてのオフィシャルな行事となります。


文字通りの小規模の保育園ですが、前園長は、意欲と力量のあるすばらしい職員をそろえてくれました。

新年度、新園長、新スタッフでの初めてのイベントを迎えることになったわけです。


予想外の出来事や、ハプニングはたくさんありました。

すべて3歳未満のこどもたちですので、いつもと違う環境に、泣き出してしまう子も何人かいました。


それでも、筋書き通りではないハプニングの場面にこそ、保育者と愛情や力量がうかがえるものだと感じていました。

最後の親子のふれあい活動でも、ライブならではの一体感と、心の通いあうすてきな瞬間がいくつもありました。


参観日を過ぎてから、こどもたちの私へのまなざしに、明らかな変化が見て取れました。

小さい心の中にも、私をしっかりと、園長として慕ってくれているように思いました。


子どもの命をあずかる保育園、

ここにいるときは、それぞれのご家族になりかわって、私がその大切な命をお預かりさせていただいているわけです。


保育園にいるときは、この子たちは、大切な大切な私の子ども、

その責任は、限りなく重い、


参観日には、インクルーシブ教室の子どもも一緒に参加してくれました。

その大切な子どもの育てを託していただけることを、私は職員と共に、何よりの喜びと感じているのです。








FB-f-Logo__blue_58.png Facebook

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobu1.blog117.fc2.com/tb.php/2104-31c77a60
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
大切さを全国に伝えたい
Author:SHINOBU
新大阪教室

bnr_personal-osaka.jpg

今までにご覧いただいた方
 

百万アクセスまでがんばりたい

カテゴリ
最近の記事
月別アーカイブ