FC2ブログ
 

発達に課題のあるお子さんに対する 学校園連携のあるべき姿

 2008-07-29
昨日、思いもかけず、地域の小学校の1年生の担任の先生が3名、保育園を訪れてくださいました。

学区の巡回補導の一環として訪問してくださったようでしたが、保育園としては、誠にありがたい機会となりました。

ちょうど先週の土曜日に、学童保育の指導員に、「どうしても一度、小学校の先生に、学童保育の様子、そして、保育園の生の保育の様子を、じかにその目で、ご覧いただきたい。管理職の先生だけでは、ダメで、できれば1年生の現職の担任の先生に、来ていただきたい。でも、太郎君の担任の先生だけだと、他の子が、「どうして太郎君だけ・・せこい!」という思いをもってしまう・・どうしたら、学年全員の先生に来ていただけるのだろうか?」と、話したところでした。

あまりにも急な訪問でしたので、その時はは園長も私も、他の用務で手が離せない状態でした。そこで改めて、夏休み中に、3名の先生に保育園に来ていただくよう電話でお願いをさせていただきました。

小学校の先生が、保育園に見学に来ていただくことには、大変大きな意味があります。特に、発達の課題のあるお子さんの保護者の方にとっては、「少しでも我が子のことを理解して欲しい」という切実な願いが込められていきます。

太郎君の場合は、4歳児の後半になって、言葉の遅れが発端となり、広汎性発達障害の診断を受けました。

しかし、そんな診断があろうがなかろうが、太郎君は太郎君なので、これまで通り個別のケアはありますが、診断の次の日から急に保育の内容を変更するようなことはしませんでした。

子どもの全面的な発達に大切なことがらを、集団の中で、しかも一人一人に寄り添って展開していく、そのこと自体が、太郎君にとっても、他の子にとっても、何よりも大切なことであるという保育者としての信念がそこにあったからです。

しかし、こと就学に際しては、書類ばかりが動きます。やれIQがどうの、診断がどうの、そんなことばかりが選考して、肝心な太郎君の生の姿がどこかへ行ってしまっています。

これじゃ、お母さんが頭に来るのも当然です。

「一度も子どもの姿を見ずして、紙切れだけで決めつけないで欲しい・・」

それは、切なくも、母として・親として・家族として・人間として、当たり前の気持ちです。

私は、園として正式に小学校に派遣申請をうって、夏休み中の先生の訪問を待ち続けました。お母さんも、首を長くして待ち続けました。しかし、その学校の先生は、とうとう来てはいただけませんでした。

その夏の、ある特別支援の研修会に、その学校のコーディネーターの先生が来られていました。

私は、口頭で再度、保育園への訪問をお願いしました。しかし、残念なことに、完全に「夏休み中にそんなこと考えたくない」という夏季休業モードに入っているように私には感じ取れました。

そこで、そのコーディネーターの先生が言った一言

「保護者の障害に対する無理解がどうのこうの・・・」

頭にこびりついて忘れられない一言でした。 まったく無理解なのは、どっちなんだ・・・

他の小学校の先生の中には、半日かけて、じっくりと保育や子どもの様子をご覧になった方もいらっしゃいました。休日の土曜日に、生活発表会を見に来ていただいたり、コーディネーターの先生と特別支援学級の先生と教頭先生と3人でおみえになったこともありました。

私は、こうした先生方の姿勢が、ご家族の心に深く滲み渡っていくのを、そばで感じとっていました。

教育というのは、まずありのままの子どもの姿を受け入れ、そこに育てていきたい目標を決め、そして教材を作成する。

それが当たり前の姿なのではないでしょうか?

小学校の1年生の担任の先生3人が、保育園を訪れる・・・

子どもたちと、保護者の笑顔が、今から私にはありありと、思い浮かんできます。

それは、こうした行為の中に流れる先生方の、子どもや教育に対する愛情や熱意そのものが、そこに感じ取れるからに違いありません。

本当に、ここのパイプが通ったら、違うと思いますよ。 熱い期待が寄せられます。

なぜなら、その信頼の輪を、子どもたちも保護者も、敏感に感じ取れるからです。しっかりとした土台の上に立って、まちがいのない方向に向き始めたことを、感じ取れるからです。

学校園連携というのは、内容連携というのは、こういうことを大切にするべことではないのでしょうか?

私の保育園では、地域の小学校の参観日に、可能な限り、保育士を参観に行かせる取り組みを、本格的に実施することにしました。

学校園で情報を交換したり、平素交流のない教職員同士が親睦会を開いたりすることも大切だとは思います。

しかし、私は、こういうことこそが大切なのだと考えています。

子どもを中心に手をつないでこそ、連携であり、今はこうしたことが、どうしても必要な時代となっているのだと考えています。

FC2ブログランキング


↑どうかランキングも見てやってください。はげみになりますので,ご協力よろしくお願いします。
コメント
本当にそうなんです!!!娘たちの通った幼稚園もそうなんです、来てくれるんです、学芸会に!!秘密みたいにおっしゃるんですが違うと思うんです.保育園も併設なので保育中なんですから.きっとご存知だと思うんです、園長先生も.そしてご覧になりながら泣いてるんです先生.そしてわが子も見ている親には目もくれないのに先生にはすぐ気が付いてちらちら、どころか先生真正面って感じで、嬉しいだろうな本当に。そして長男が中学に上がった時運動会に学区域の隣の小学校の先生が応援に来てたんです.そのときには本当に感動しました.すごいなたいせつに育てられてルナと思いました.地域の中で育つってこういうことの積み重ねなんだなって.SHINOBU先生も是非実践して下さいね.小学校や中学校の授業参観に恩師が着てくださるということが自然になったら素晴らしいですね.
【2008/07/29 16:30】 | こよりんぼ #- | [edit]
「地域の中で育つ」・・・
「園と学校の連携」・・

期待していいのかな。
どこまで、望んでいいのかな。

望もうとすると、向こうが「ひいてる」気がする。
一生懸命取り組みたいという姿勢は、分かる先生もいるけれど・・

でも、現場の先生は、やはり現実問題として、
そこまでは出来ないな・・っていう雰囲気、正直感じます。

だから、私は、期待しすぎないようになりました。

最初は、そうじゃなかったです。
行政にも期待したし、助けてもらえるもんだと思ってました、
市にも、園にも、療育施設にも。

でも、実際は、そんな甘くないです・・
だって、働いている人たち、先生方も、生身の人間なわけで。
中には、家庭の主婦(子育て中)と、両立して仕事している人たち(先生達)も多い。

子育て主婦の大変さは、私にもわかる。
そうでなくても、園・学校の先生達の仕事量は、膨大だと聞く。

そんな中、自分の子供にばかり、特別な気遣いしてほしい、なんて
言えないんだなって・・。

先生達も、やりたい気持ちはある。
でも、出来ないんだなって。

自分たち(先生)の生活もあるから。
無理したら、自分自身(先生)が、壊れてしまうんだと思う。
肉体的にも、精神的にも。

だから、先生達も、ある程度、割り切って働くしかないんだなって。
仕事を長く続けていこうと思えば、そうするしかないんだなって。

そう思うように、なってきました。
だんだん、期待度を調整するように。

やっぱり、子育ての責任は、全面的に、親にあるんだなって。

・・っていうか、親がやるしかないんだなって。
【2008/07/29 21:17】 | ミカ #- | [edit]
こよりんぼさんへ

私は、1学期に地域の小学校の参観日に行ってきました。

子どもたちは、みんな笑顔で、喜んでくれました。保護者の方とも、廊下などでコミュニケーションをはかれました。

帰って保育士に伝えると、みんな異口同音に「行ってみたいです」と答えていました。

勤務のやりくりさえるれば、何のデメリットもありません。

これからも、子どもたちの喜ぶ顔が目に浮かぶようです。
【2008/07/30 06:44】 | SHINOBU #- | [edit]
ミカさんへ


私は、自分の中では、保護者の方への支援を、今後の自分のライフワークの一つとしてとても大切にしています

自分なりに、支援というものがどうあるべきか、真剣に考えてきました。

ある時、何とかこのご家族のためにと思い、のめり込むようにそのことに打ち込んだこともありました。

しかし、私がやればやるほど、ムキになればなるほど、ちょっとおかしな違和感を感じるようになりました。

それは、「主体者は誰?」という感覚です。

私が大活躍して、状況が大きく改善されたとしても、長い人生のスパンから考えれば、それは一時的なことにしか過ぎません。

私が、ヒーローになってはいけない。、主体者としての子どもとご家族に力が付いてこそ、それが支援といえるのだ。そう思うようになりました。

状況が厳しいときに、問題を丸投げにしてこられた方もいました。その状況を知っているだけに、全部受けてしまおうかと、迷ったこともありました。

でも、心を鬼にして、お母さんを奮い立たせることの方がが、やっぱり正解でした。

今は、支援者はあくまで支援者、主体者あってこその支援であると考えるようになりました。

ご家族が、苦しい状況を乗りこえて、希望と未来をつかまれるよう、一生懸命応援させていただく。

それが今の私のスタイルです。
【2008/07/30 08:50】 | SHINOBU #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobu1.blog117.fc2.com/tb.php/210-deac782c
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫