ほんのわずかの差

 2017-05-17
DSC00336.jpg







上の画像のプリントは、どこにでもあるような一般的なものです。

左のくだものに対応して、右のまるに色を塗っていくものです。


ですが私は、丸に色を塗らせるのではなく、丸に / (斜線)を入れるようにさせます。

小さい子が、8つも9つも小さい丸を塗りつぶすのは、結構骨のいる作業です。


このプリントの主眼がそこにあるのならそうさせますが、私がここでその子に付けたいのは、数の1対1対応と、順序数をショートターンにキープして、それをすばやくアウトプットして意識化させることです。

ならばその子のショートターンメモリーのキープ時間を考えると、いちいち丁寧にいろ塗りをさせるのではなく、素早く斜線を入れさせる方がよいと判断しているわけです。


このプリントをさせることなら、誰でも出来ます。

色を塗らせるのではなく、斜線を入れなさいと指示すれば、みんな同じようにできます。

しかし、実際にプリントをやらせても、子どもの目が輝くかどうかは、実線場面での技術力・対応力と、ねらいの明確さや教育的な信念の差が如実に反映されるものです。


プロの技術の差は、ほんのちょっとの差が大きな差となります。

すべての活動のほんのちょっとの差が、総合力では天と地の開きとなってしまいます。


汲めども尽きぬ奥の深い教育の仕事、

満足のいくゴールは、いつ見えてくるのでしょうか、

そのわずかな技術の向上のために、これからもずっと研鑽を続けていきたいと、思っているのです。







FB-f-Logo__blue_58.png Facebook

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

↑ 大切さを全国に伝えたい! 応援の1クリックを よろしくお願いします。
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobu1.blog117.fc2.com/tb.php/2091-0c6bc813
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
Author:SHINOBU
新大阪教室

bnr_personal-osaka.jpg

今までにご覧いただいた方
 

百万アクセスまでがんばりたい

カテゴリ
最近の記事
月別アーカイブ