プラシーボ効果

 2017-04-28
DSC01195.jpg








先日のことです。

6年生の男の子とこんなやりとりをしました。

「先生って何歳?」
「うーん、何歳だと思う?」
「28歳!」
「当たり~、どうしてわかった?」
「よかった~、32歳って言わなくって…」

きっとこの子の感覚では、30歳も50歳も同じ年寄りというカテゴリーでまとまってあるのだろうけど、いくらなんでも、今さら自分は58歳とは言えず、私はただただ苦笑いをするだけでした。


新しい事業所が増え、急いで児童送迎用の車のリースの手配をしましたが、納車は早くても5月連休開けになるとのことでした。

その急場をしのぐため、それまでは私の車を送迎車として使ってもらうことにしました。

なので今私は、原付バイクを使って事業所間の移動を行っています。


この日5歳の子のレッスンがあったのですが、私が原付に乗っている姿をその子が見て、それがカッコいいのだとと言ってくれました(笑)

一体原付に乗ってる私のどこがカッコいいのかと、これまたただただ苦笑いをするしかありませんでした。


私と勉強したら、必ず頭が良くなると信じている子がいます。

きっとご家庭では、お母さんが毎日のようにSHINOBU先生に勉強教えてもらったら、きっといっぱい賢くなるはずだと、何度も話してくださっているに違いありません。


だこらこそ、こんなイメージが勝手に私に貼り付いてしまったのでしょう。

どうでもいい年齢や外見のことは別として、勉強にかかわる子どもの期待たけは、何としても裏切らないようにしたいものです。


子どもがあこかれるようなレッスンにかかわるカリスマ性、

ご家族が私に寄せる期待と願い、

力はありませんが、何としても努力と経験とで、その事に少しずつであってよいから磨きをかけていきたい。


勉強ができるようになりたいと、切に願うピュアな子どもの思い、

私の担う使命は、もはや普通ではないのですから…




FB-f-Logo__blue_58.png Facebook

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

↑ 大切さを全国に伝えたい! 応援の1クリックを よろしくお願いします。
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobu1.blog117.fc2.com/tb.php/2085-bc17c980
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
大切さを全国に伝えたい
Author:SHINOBU
今までにご覧いただいた方
 

百万アクセスまでがんばりたい

カテゴリ
最近の記事
月別アーカイブ