君は決して後ろには戻らない

 2017-03-29
DSC01250.jpg








京都の中学生と、ずっと漢字の勉強を続けてきました。

この1年間は小学校のおさらいで、漢検5級の勉強をしてきました。


先日から、漢検4級、中学校在学レベルの問題に取り組み始めました。

「今日から漢検4級、中学校レベルの問題に取り組むよ」

そう使えたときの、この子の目の輝きは普通ではありませんでした。


1回目の学習で、満点をとったときには、これまでにない満面の笑みがこぼれていました。

いかに子どもにとって、学習から得られる肯定感が重要であるかを、改めて思い知らされた気がしました。


しかし、意気込んで取り組んだ2回目の学習は、本人の気持ちとは裏腹に、期待を大きく下回る点数となってしまいました。

さすがに、このときは落胆の色は隠せませんでした。


しばらく時間を置いて、「そんじゃあ、また小学校の問題に戻ろうか?」 と、私がそう尋ねると、

「それだけは、絶対に嫌だ」 

即座にそんな答えが返ってきました。


絶対にそう言うと信じていました。

やがて、この子の書字にかかわるレディネスは、1~2年のうちに必ず劇的に改善されると私は考えています。

彼がそう答えた瞬間に、彼はもうこの山を乗り越えることが確定したと、私は確信しています。


月に2回も京都から大阪まで、ずっと休まずに通ってくれているこの子のモチベーションは、全く下がる気配はありません。

そこに超えるべきしっかりとした目標と手立てのある子は、決してその歩みをとめることはありません。


これまでの何百という実践の中から、私にはやがて大きく伸びる子と、やがて去りゆく子との違いは、はっきりと見てとれます。

そこの差異はは何か?

その答えは、決してテクニカルな所にあるのではないと、考えているのです








FB-f-Logo__blue_58.png Facebook

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

↑ 大切さを全国に伝えたい! 応援の1クリックを よろしくお願いします。
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobu1.blog117.fc2.com/tb.php/2076-c5371707
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
大切さを全国に伝えたい
Author:SHINOBU
新大阪教室

bnr_personal-osaka.jpg

今までにご覧いただいた方
 

百万アクセスまでがんばりたい

カテゴリ
最近の記事
月別アーカイブ