それぞれの春

 2017-03-21
ボール







先週末の3連休は、すべて大阪でのレッスンでした。

最後の一日は、毎回おなじみの大阪和泉市・和泉シティプラザでの出張レッスンでした。


大阪での出張レッスンを始めて、もう8~9年にもなるでしょうか?

初めてその子にあったのは、その子がまだ小学校低学年の頃でした。


この子は、得意なことと苦手なことがはっきりとしているタイプのお子さんでした。

その頃は、学校での適応のことも含めて、お母さんが何度も心を痛める場面もありました。


「高校に合格しました」

少しはにかみ加減で、この日その子は、開口一番私にそう伝えてくれました。


この日は、中学3年生の数学、三平方の定理を中心に勉強しました。

正直私は、与えたプリントに丸付けをするだけで、何一つ内容的なことの助言はありませんでした。

それでも、和泉シティプラザの出張レッスンの時には、毎回欠かさずに来てくれていました。


「お母さん、もう私はこの子に教えることは何もなくなってしまいました」

私はお母さんにそう告げると、「先生は、この4月からもまた続けてここに来てくださいますか」 と尋ねてくださいました。

中学卒業、そしてこの日が最後のレッスンだと思っていたのは、どうやら私だけであったようです。


レッスン中にその子は、私立であるその高校に、何と特待生で入学をしたと話してくれました。

パソコンに目をやったまま、その子は横顔で私にこう答えてくれました。


すげえ勉強した…


特待生となれば、そりゃそうでしょう、

この母子のストーリーに、こんな一コマが訪れる日が来ることを、一体あの日誰が予想することが出来たでしょう、


この子のこの馬力や底力が、一体どこから生まれてきたか?

私の姿は、今この親子の瞳には、一体どんな姿で映し出されているというのでしょう、


今では、熱狂的な高校野球のファンとなった彼、

私が、誰よりも子どもの可能性を信じることができるその理由、

この子と過ごした学びの時間は、そのことときっと無縁ではないはずです。







FB-f-Logo__blue_58.png Facebook

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

↑ 大切さを全国に伝えたい! 応援の1クリックを よろしくお願いします。
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobu1.blog117.fc2.com/tb.php/2073-f996c5f5
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
大切さを全国に伝えたい
Author:SHINOBU
新大阪教室

bnr_personal-osaka.jpg

今までにご覧いただいた方
 

百万アクセスまでがんばりたい

カテゴリ
最近の記事
月別アーカイブ