実践を伝える

 2017-03-02
DSC01240.jpg






程なく私は、58歳になろうとしています。

教育の仕事に就いて、もう35年にもなりました。


何歳になろうが、どんなに立場が変わろうが、臨床から軸足を移すつもりはさらさらありません。

イチローや三浦知良のようにずっとずっと現役で、子どもたちと一緒に勉強していこうと決めているのです。


今回ご縁があって、就実大学教育学部で、障がい児保育の授業を担当させていただくことになりました。

これから子どもの前に立とうという若者に、教育者として必要とされる知識や技能を身につけてもらうと同時に、その現役最前線にいる者として、リアルな子どもの育てにかかわる姿をともに見つめ、ともに学んでいく時間を構成していきたいと願っています。


選ばれた者しか、子どもの前に立ってはいけない、

一人の子の育てを託される言うことが、どれほど意義深く、大切であるかと言うことを誇りに思える実践者を育てたい。


子どもたちにいつも伝えていること、

与えられた役割を大切に、微力ですが持ち味を生かして、自分に出来ることを精一杯させていただきたいと願っているのです。






FB-f-Logo__blue_58.png Facebook

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

↑ 大切さを全国に伝えたい! 応援の1クリックを よろしくお願いします。
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobu1.blog117.fc2.com/tb.php/2066-165a86a1
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
大切さを全国に伝えたい
Author:SHINOBU
新大阪教室

bnr_personal-osaka.jpg

今までにご覧いただいた方
 

百万アクセスまでがんばりたい

カテゴリ
最近の記事
月別アーカイブ