FC2ブログ
 

今、安定していればそれでいいのではない! 希望がもてないのなら 幸せに育てられないのなら 死んだ方がまし (絶対にあきらめない 我が子の可能性)

 2008-07-26
花子ちゃんのお宅には、毎週金曜日に指導に伺わせていただいています。

指導の後で、お母さんと、学習の様子や家庭での様子についての情報交換をしているのですが、昨日の花子ちゃんのお母さんの言葉の一つ一つから、私はこれまでにない、魂を揺さぶられるような、熱い思いがわき上がってくるように感じました。

そういえば、ちょうど1年位前だったでしょうか? 別の保育園の先生の紹介ということで、花子ちゃんのお母さんは、突然、私のところに相談に見えられました。

お話をお伺いしていると、夏休み前の懇談で、担任の先生から、「花子ちゃんに発達障害の可能性があるので、検査を受けられた上で、特別支援をお勧めします」と言われ、そのことについての助言をいただきたい、ということでした。

ここまでは、まあよくある話です。しかし、ここからの、このお母さんの動きは、何かが違っていました。

その後は、お父さんといっしょに相談に見えられたり、いっしょに学校の参観日に伺わせていただいたり、そしてついに、「花子の勉強を見ていただきたい」と、直々に相談に見えられました。

そのころは、私はまだ、個別に子どもの学習の指導を始めていたわけでも何でもなくて、少し発達のことを勉強した経験のある、ただの保育園の職員にしかすぎませんでした。

しかし、この時のお母さんの決心や表情から、とてもじゃないけど「NO」というお返事をすることはできませんでした。

決心がつかず、ゆらぐ私の心に、熱い火がともった瞬間でもありました。

この時から、私自身、人生そのものの向きが、少しずつ少しずつ、違う方向にシフトしていくのを感じ始めました。

花子ちゃんが1年生の終わりに、ご家族は、特別支援学級を選択されました。どれほどの深く厳しい思いが、そこに込められていたか、想像に難くありません。

その3月から、私は、花子ちゃんの個別指導をさせていただくようになりました。最初は、週に1時間でしたが、これもお母さんの強い希望で、今は週1回2時間の指導を行っています。

私は、力一杯研究をしました。これまでの経験・知識をベースに、学習指導の臨床にかかわる実践をむさぼるように調べました。時間を忘れて、教材作りに没頭する日もありました。

このブログを始めたのも、こうしたことの延長線にありました。

もちろん、花子ちゃんだけでなく、かかわりのあるすべての子どもたちの成長と幸せを目指しての営みです。

私を突き動かすエネルギーは、まちがいなく、こうしたご家族の熱く・真剣な思い以外の何物でもありませんでした。

指導の手応えは、自画自賛になりますが、私の予想をはるかに超えたものになりました。こんなにやってて楽しいものかと、指導中に感じたこともしばしばです。

昨年の今頃、ご家族を苦しめていたいろいろな問題は、現在ではほとんど影が薄くなり始めました。

しかし、ご家族の思いは、今、安定していれば、何もなければ、それでいいというものではありません。

「発達障害という枠組みの中に入り、その狭い枠で安定したとしても、この子が育ったとは思いません。幸せになったとも思いません。環境が変わって安定したのなら、この子が育ったことにはならない。生きた集団の中で、この子らしさが発揮できてこそ、この子の成長であり、幸せなんだと思っています。目先の学力や学歴ということではなく、人間社会の中で、当たり前の人とのかかわりの中で生きていく基本的な力をつけてやりたい。発達障害ということで、何をやっても無駄というなら、この場で死んだ方がましです。私は絶対にあきらめません。何としても、社会の中で、この子らしく生きていけるように、親として、できることはすべてやっていきたいと思うのです・・・力が入りすぎてはいけないと、わかってはいるのだけど・・」

まさに、魂の言葉・・・

この言葉の一つ一つから、私は百万の書物をも凌ぐ人間の真実を学び、これからの自分自身の活動を支える、力強い原動力を吸収させていただくことになりました。

そして、きっと私の指導内容も、今日を境に、若干のシフトチェンジをすることになるような気がします。そうなると、のんびりなんかしていられない。内容をもっともっと精査しなければと、真剣に考えてしまいます。それくらいの、インパクトはありました。

こうした真摯なな気持ちこそが、現状を打開し、人を動かし、未来を切り開く、子どもの成長と幸せにつながっていくことに間違いはありません。

花子ちゃんは、ちょうどその時、妹といっしょに、何も知らないような顔で、ドラえもんを一生懸命見ていました。

しかし、そのテレビを見ている幸せそうな横顔に、私はこのお母さんの真摯な気持ちが、ぼんやりと映っているように思えてしかたがないのでした。

家族の幸せを陰で支える、母の強い決心・・・

FC2ブログランキング


↑どうかランキングも見てやってください。はげみになりますので,ご協力よろしくお願いします。
コメント
確かに、発達障害と言うレッテルを貼られても私は、負けない気持ちでいます。我が子と頑張っていくしかないと。この世に生をうけ いろんな困難は、あるかもしれないけど、我が子が 成人なった時、「僕を産んでくれてありがとう」と言ってくれるよう 日々努力を。私の子供も今まで、いろんな苦労もあり それを乗り越えてきたので、今では奇跡に近いぐらいになっています。これからは、もっと大奇跡になるよう二人三脚で。SHINOBU先生の言葉は、私の胸の中にズシリときました。
【2008/07/26 22:45】 | まーちゃん #- | [edit]
地域それぞれに特別支援教育が広まりつつあります。が、その展開も進度も地域それぞれに違う~温度差があるのが現実です。

特別支援教育の考え方の中には 部分的にカリキュラムや単元の内容ごとに打ち合わせをして交流する方法や、子どものようすによっては ほとんどの時間を交流学級ですごす方法もあります。

ですが、「特殊学級の体制に戻したい!」と強く思いこんでいる担任の場合は「絶対に交流なんてさせない!」と体制をバックさせようとしている先生がいるのも事実です。

母親は、教育行政のあり方についても 情報を得ながら、子どもができる可能性を拓いていくことも必要になっています。
先生任せ、学校任せでは 子どもの教育環境が整わない時代になっている(改革の過渡期のために現場も対応ができていない)のが実感です。

できることから 1つずつ、はじめてみるのが いいかもしれません。

また 海外では障害名によって特性が違うので、グループ・ホームのあり方も考えられています。障害があるからといって、全ての子どもが すべて同じだと思っているのは もう時代遅れなんですが=学校も福祉もなかなか変わりきれないようです・・・。

がんばっている先生は すごく勉強しているんですよ! 
でもね・・・いいかげんにいる先生は その何倍もいる・・・という現実です。闘わねば 子どもの「権利」を守れないから・・・。
手をあげることで 子どもの「可能性」を拓けるから・・・
といいつつ・・・・学籍移動はできなかったんですけどね・・・(苦)
【2008/07/27 23:30】 | マドンナ #CFnWuolQ | [edit]
まーちゃんへ

「僕を産んでくれてありがとう」

太郎君の表情は、いつもそう言っているように、私には思えてなりません。

私が、初めてご相談を伺ってから、1年余の間にも、奇跡のようなことが次々と起こりましたよね。でも今は、そのことさえ、当たり前のようになっている。

一歩ステップを上がれば上がったで、汲めどもつきぬ水のように、次々と新しい課題は生じてきます。

それは同時に、何よりの成長の証・生きている証なんだと思います。

時々は振り返って、その価値を噛みしめてみることも、時には必要なのかも知れませんね。
【2008/07/28 08:52】 | SHINOBU #- | [edit]
マドンナさんへ

教育委員会で、私の大切な仲間が、命を削るように真剣に仕事をしているのを知っているので、最近はちょっと学校批判のトーンを下げているのですが、ひどいのは、いくらでもありますよね。

正直、辟易です。

あまり記事で詳しく書くと、いろいろと波紋もあるので、本当に書きにくいですが、特別支援教育=排除という、インクルージョンと全く別の方向へ進んでいるのを、当たり前のように言ったりする教員がいるのには、信じられません。

何て時代遅れで、薄っぺらな人権感覚なのでしょう?

教育原理の、基本中の基本から、やり直して欲しい、と思います。

マドンナさんのブログの話は、ひどい物ですね。信じられないけど、そういう現実に、負けてはいられませんね。

人の真実にふれる場面では、時として鬼にならねばならぬ時も、ありますよね。
【2008/07/28 09:21】 | SHINOBU #- | [edit]
SHINOBU先生 特別支援教育を展開するためには 教育委員会がしっかりとした信念を持って計画を作り 「予算獲得」と「人員の確保」もしなくてはいけません。現場の校長先生を納得させ、現場の校長先生をサポートできる機能を持っていることが必要です。
現場の校長先生が 全く話を聞いてくれない中で、研修を立ててもなかなかまじめに出席してくれない または聞いているのかいないのか?という状態の中で、改革を待っている生徒&保護者 そして 0~6才の子どもたちの支援にも応えようと骨身を削って 教育委員会の担当の先生方は必死に頭を下げてくださっています。

教育委員会の先生が 現場を詳しく見ていくと。。。「これは、学校なのか?っ教育なのか?」という場面にあい、開いた口がふさがらない状態になることもあります。現場の先生に注意をしても聞く耳さえもたない~言うことを全く聞かない・・・という学校もあります。

逆に、寸暇を惜しんで、高額な研修を自腹で受けて、生徒の支援に役立てようとがんばっている すごい先生達がいます。(まこちゃんの小学校の先生もそうでした)

特別支援教育のために 大金を使って 教育計画を立てても、現場が全く動かない・・・その為に 寝られないくらい悩んでいる教育委員会の担当者も、子どもたちの為に必死にがんばっている校長先生もいます。

どんなにがんばっている人がいても、がんばっている人の存在を みんなが知らなければ それで終わってしまいます。
そして、問題がある事も表面化しなければ、何事もなく経過していってしまいます。

私のブログは 氷山の一角です。
詳しく書けば「ひどいな~」と思うことでも、「ざっと書けば さらっと通り過ぎる 学校の一風景」でしかありません。
障害のある子どもにふれたことがない先生はたくさんいます。ふれる必要が無いと思っている人はたくさんいます。障害のある子どもが学校にいることさえ知らない保護者がほとんどです

SHONOBU先生 子どもの入学先ですが、理解のある学校を 親が自力で探すしかありません。学区に理解が無ければ、越境する家族もいます。
それは教育委員会との就学相談にかかっていると思います。
入学前に 校長先生と話をする事が大切だと思います。

いつも応援ありがとうございます。


【2008/07/30 00:34】 | マドンナ #CFnWuolQ | [edit]
いくら過渡期と言っても、このギャップには愕然としてしまいますね。

驚くべきようなことも、当たり前になってしまう感覚こそ恐ろしい・・

私の言っていること、どこかおかしいですか?と、尋ねても、キョトンとされたら、こっちがヘナヘナっとなっちゃいます。

わかっていると思っている人でも、時々、何で通らないのだろうって、残念に思うこともよくあります。

だからこそ、負けちゃあいられないですよね。

希望がもてないなら、幸せになれないのなら、死んだ方がまし、というこの言葉は、私の心にはかりしれないインパクトを与えています。

どんなことがあっても、大切なことだけは決して見失わず、道を切り開く覚悟で歩んでいきたいと思っています。

そのためには、パートナーは不可欠です。

これからも、どうぞよろしくお願いします。
【2008/07/30 10:08】 | SHINOBU #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobu1.blog117.fc2.com/tb.php/206-f4cfef16
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫