こうして起こる教育の奇跡

 2016-09-29
20160916.jpg






今朝、こども園の朝のようすをのぞきに行きました。

私が、マンツーマンレッスンをしている子が、何人もこども園の中にいて、私の顔を見るとそれはうれしそうに、笑顔いっぱいの表情に変わります。


私は、こども園にのぞきに行くときは、マンツーマンレッスンをしている子もそうですが、そうではない子と努めてコミュニケーションを図るようにしています。


二重とび出来るようになったの? やってごらん、

一輪車も乗れるようになったの? すごい、すごい、


と、まあこんな感じです。


みんな私が、○○ちゃんに個別に勉強を教えていることは、知っています。

だから、こうして私が声をかけた子は、まちがいなく個別をしているその子のことを大切にしてくれます。

子どもは、集団の中で育つのですから、その子を取り巻く集団を育てていくことが、とても大切な事柄であると考えています。


この日、4歳になる男の子が、ついに独立歩行ができるようになったと聞いたので、楽しみに見に行きました。

この子も、私がマンツーマンレッスンをさせていただいている子どもです。

保育士に手をひかれながら、来る日も来る日も頑張った成果が、ついに形となって表れたのです。


もちろん、医療関係の専門的な先生のご努力と専門性あればこその快挙であると思っていますが、子ども集団にしっかりした居場所と教育的なかかわりを持ち続けることができたことを、私たちは大きな誇りに思うのです。

独立歩行が出来るということは、単にこの子の運動機能が向上したということだけではなく、その後の認知や判断、身辺自立、コミュニケーションや生活力の向上にダイレクトにつながっていくものだと考えています。


そんなことを知ってか知らずか、私の顔を見ると、何人もの子が次々にハイタッチをして私の前を通り過ぎていきます。

どこ子も同じ白ゆりの大切な子、

みんな同じ大切な命、

専門性の名のもとに、その大切な輪の中から切り離すようなことは、決してあってはならない。


お友達の命の大切さを知った子は、間違いなく自分の命の大切さを見つめなおすことにつながっていきます。

ピュアな感性をもった子どもたちと、共に生きるすばらしさと感動を、これからもずっと共有していきたい。


こうして起こる教育の奇跡、

単に分ければ育つというものではない、

人は、人とのかかわりの中で、育ち伸びていくものなのです。








FB-f-Logo__blue_58.png Facebook

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

↑ 大切さを全国に伝えたい! 応援の1クリックを よろしくお願いします。
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobu1.blog117.fc2.com/tb.php/2009-13ddd39b
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
大切さを全国に伝えたい
Author:SHINOBU
今までにご覧いただいた方
 

百万アクセスまでがんばりたい

カテゴリ
最近の記事
月別アーカイブ