言葉に命が宿る日

 2016-07-29
image1.jpg







児童発達支援の事業を始めて、まもなく5年の月日が過ぎようとしています。

その平成23年4月1日の朝9時、

時報ぴったりに入会のご予約をいただき、白ゆり発達支援センターの会員ナンバー1番となった女の子がいます。


あの日2歳だったこの子は、もう2年生になりました。

幼稚園におじゃまさせていただいたこともありました。

幼稚園の先生に、私のレッスンを見ていただいたことも、複数回ありました。

その間私はずっと、この子の育てにかかわり続けてきました。



↓ 先日、そのお母さんに、下記のような内容のメールをいただきました。


SHINOBU先生

おはようございます。

先生が以前おっしゃっていた娘の言葉の成長ですが、本当に凄い変化が見られました!!

4日前、何も書いてない自由帳のページに突然「くるま」と丁寧に書き、一昨日はドライブ中に窓に指文字で「くるま」と書き、並走している車を指差して教えてくれました。

また、昨日はアイスクリームを冷凍庫から取り出した後、「アイス」と自発的に言いました。

いずれも初めて見た変化でした!

少しずつ、娘に嬉しい成長が見られ、その度に家族で大喜びしています。

今日のマンツーマンでも、もしかしたら先生の前でも何か良い変化が現れてくれれば、と願っています!

以上、我が家の中での報告でした。

本日もよろしくお願いします。






これまで私は、多くの子どもたちの、言葉の育ちを見つめてきました。

ご両親より前に、その子の発語の瞬間に出会ったこともありました。

就学前に不明瞭だった構音が、就学後にみるみるクリアになっていく場面にも、何度も遭遇してきました。


この5年間、おそらく私は、実践を通して、ほかの誰よりも奇跡を信じられる力を身に付けてきたのではないかと思っています。

だらかこそ、そのことを信じて、ずっと種まきを続けることが出来たのではないかと考えています。


こんな幸せな実践者が、どこにでもいるわけではありません、

だからこそ私は、このことを多くのご家族と子どもたちに、伝え続けていく責務があるのです。


どの子にもある身近で大切な奇跡、

どの子も伸びる、そしてどの子も伸ばす


あの日から今日まで、白ゆり発達支援センターには、300人をを越える子どもたちの入会をいただきました。

私の歩みは、これからも変えようがないのです。





FB-f-Logo__blue_58.png Facebook

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

↑ 大切さを全国に伝えたい! 応援の1クリックを よろしくお願いします。
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobu1.blog117.fc2.com/tb.php/1989-57107e30
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
大切さを全国に伝えたい
Author:SHINOBU
今までにご覧いただいた方
 

百万アクセスまでがんばりたい

カテゴリ
最近の記事
月別アーカイブ