何があっても 君を高校に

 2016-07-20
DSC00949.jpg







先日のことです、

ある小学生お母さんに、お子さんの高校進学のことで、ご相談を伺いました。


知的の支援級在籍だと、一般の高校受験資格がもらえない、

ならば、知的支援学級から通常級へ転籍してでも、高校受験を目指したい、

そういった内容のご相談でした。


これまでもこうした内容のご相談を受けてきましが、知的支援学級在籍の子が、公立・私立を含め、何人も一般の高校への進学の夢を実現してきました。


知的支援学級在籍なら、一般の高校受験は認めない、

一般の高校の受験が可能であるのなら、知的支援学級在籍の必要感がどこにあるのか?


地域によって、担当者によって、言い方やニュアンスは異なりますが、こんな言われ方をしたケースも少なくありません。

ですが、知的支援学級に在籍していても、合否はともかく、受験を認めないというのなら、これは明らかに障害者差別禁止法に抵触する内容です。


小学校の時点では書字や読字につまづきがあったため、どうしても学習の成果が点数として表れにくかった子が、中学になって視覚的な認知力が格段に上がり、点数が劇的に向上するケースは、決して稀でも奇跡でもなく、私にとっては当たりまえのことなのです。

実際に、何人もの子を一般の高校へと送り出してきた私は、どうしていまだに、あちらこちらからそんなことを言われるのか、不思議でたまりません。


何があっても、高校に行く、

そう決めたこの子は、それまでとは表情を一変させ、真剣に学習に取り組み始めました。

ならば私は、この子とご家族の願いを何としても支え、夢を現実へと引き戻していかねばなりません。


出来なかったらどうしようとかいうことではなく、どんなことがあっても、何がなんでも、とにかく絶対やり遂げるのです。

困難を打ち砕いた君の先輩たちから、先生はそのことを、固く約束しているのです。


そこから生まれる何かと、そこへ向かう道で培う大切なもの、、

それでもあなたは、夢に向かって学ぶ子どたちから、希望の光を奪い取っていきますか?


何があっても、私たちは、絶対に負けませんから。







FB-f-Logo__blue_58.png Facebook

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

↑ 大切さを全国に伝えたい! 応援の1クリックを よろしくお願いします。
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobu1.blog117.fc2.com/tb.php/1985-717d53ca
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
Author:SHINOBU
新大阪教室

bnr_personal-osaka.jpg

今までにご覧いただいた方
 

百万アクセスまでがんばりたい

カテゴリ
最近の記事
月別アーカイブ