FC2ブログ
 

信頼の輪の中でこそ育つ 学びとコミュニケーション (身につけたい非言語の受信機)

 2008-07-20
夏休み1日目、学童保育に、太郎君が持ってきてはいけないはずの任天堂DSを持ってきていました。

なぜだか、そのことを他の子どもたちも知っていて、朝からちょっと物騒なムードになりかかっています。

「大丈夫、先生が取り上げるから!」とみんなに宣言して、何とかその場をしのぎました。

太郎君は、9時からSHINOBU先生と個別学習の時間になっています。夏休みの宿題や、いただいたプリント類に目を通したあとで、あのDSを何とかしなくてはいけません。

私の頭の中では、「これで何もやらせず、むりやりはぎ取るようなことをすると、きっとその後の活動に負荷がかかるのでは・・」という考えが広がったので、あらかじめタイムタイマーで時間の制約をつけて、それが済んだら私が預かっておこう、と考えていました。

で、さっそくDSの画面を起動させました。と。そこに映っているのは、大好きな「機関車トーマス」のソフトでした。(私はてっきり、ポケモンの類だと思いこんでいました)

さすがにこうなると、頭にピンとくるものがありました。

「太郎君、先生にこれ見てもらいたかったの?」

「うん」

「そう、ありがとう。大好きなトーマス買ってもらったんだね。へー、これで勉強もできるんだ。よかったね。すごいね。」 (と、10秒くらい見る)

「太郎君、見せてくれてありがとう。じゃあ、大切なトーマスが壊れたらいけないから、帰るまで先生がこれ持っておいてあげるからね。この部屋に置いておくからね!じゃあ、勉強しようか。」

「うん」

太郎君は、さっそく計算カードに取り組みました。

もし、何も理由を聞かず頭ごなしに取り上げていたら・・ もし、私に体調が悪く、柔軟に対応できる心のゆとりがなかったら・・ もし、私がお休みで、別の者がD太郎君がDS持ってきた事を一番に知ったとしたら・・

展開は、随分と変わっていたはず・・ 

太郎君は、ただ単に大好きな私に、トーマスを見てもらいたかっただけ。見せびらかす気も、規則を破る気も、学童の場でゲームをする気も、最初から全然なかった。

でも、そんなピュアな気持ちも、現実の状況の中で、きちんと言語で説明できるようなスキルは、この子にはまだ備わっていない。

太郎君は、太郎君でそのままなのに、もし他の職員が頭ごなしに叱りつけていたら、その日1日の活動はきっと、太郎君にとっても、みんなにとっても、望ましいものにはならなかったような気がする。ある意味、背筋が寒くなる話です


太郎君と私のと中には、少なくとも、お互いに分かり合えるという期待感は成立しています。

私は、太郎君なくして、他のどんなことがうまくいっても、そんなのは本物ではないと思っています。いわば、運命共同体。太郎君が、どつぼに落ちれば、私はもっと深いどつぼに落ちると考えています。

こういう感覚は、それこそ言語化できないけど、子どもは敏感に感じ取ることができます。

左脳に何らかの障害がある場合、右脳が著しく発達し、常人ができないようなことをする、それを天才と呼ぶのだという人もいます。(アインシュタインなどエピソードは多くあります)

これも経験則で、実証データはありませんが、言葉でうまくコミュニケートできない子でも、人を見る目、やさしい先生・そうでない先生、やばそうになったらちゃっかりどこかにいなくなっている感覚やその場のあやしいにおいに敏感な子どもはたくさんいます。

太郎君は、まさにこのタイプで、言語のコミュニケートは苦手ですが、非言語の受信機を持っている人を見分ける感覚はもっているようです。

「太郎君は、SHINOBU先生の言うことはきく」

よく聞く言葉です。

太郎君は、私の運命共同体だし、彼もきっとそう思っている。

だから、いつの間にか、受信機の周波数が瞬時に同調できるようになりました。

周波数が同調しないのに、言うことはききませんよ。

私はよく「覚悟と決心」という言葉を使います。

子どもの心世界にとびこむ覚悟も決心もないのに、周波数が同調できるわけありません。アンテナも張らない奴に、子どものコントロールなんて、できるわけはありません。

「水筒でお友達たたいたら、だめだよ。びっくりしても、たたいたらだめだよ。そんな時は、ちゃんと言うんだよ」

「ブロック投げたらだめだよ。腹がたっても物は投げないよ。そんな時も先生に言うんだよ」

太郎君は「はい」といって聞いてくれます。(でも、だからといって、すぐに改善できるといわけではありませんが・・)


昨日、100円均一のダイソーで見つけた、線路ジオラマパーツで、この日、学童のみんなといっしょに遊びました。

以前、太郎君が折り紙で道路や線路を作っていましたが、何枚も何枚も折り紙を浪費?するので、とうとう禁止になってしましました。(実は、この光景を見たとき、私の受信機がぴくぴく反応していたのです。

百均に仕入れ?にいくと、ふと5本100円の線路パーツが目に入りました。そこへ、これもまあ、偶然中の偶然で、同じ学童の1年生の女の子が、いました。(お母さん、苦笑い。保育園から30分も離れた百均で会うとは・・)

「これ、みんな喜ぶと思わない?」

「絶対、男子とか大喜びするわー!」

この日、担当の指導員が「線路で遊びたい?」と聞くと、まず男子の背中が急にピンと伸びました。「けんかしたらやめるよ。」「とりあいになったら、先にどうぞ、後で貸してね、というんだよ」みんな、うんうん、と真剣にうなずいています。

(この学童指導員もなかなかの感性で、信頼しています。将来性も抜群です)


20分後には、保育室いっぱいに広がった線路で、男子も女子も、いっしょになって遊んでいます。

太郎君の折り紙線路が、ダイナミックな集団遊びへと発展した一コマでした。

百均&オリジナル&太郎君がいる学童保育でなければ、こんなパノラマはあり得ません。この学童のみんなは一つの家族であり、運命共同体なんだと感じた瞬間でもありました。

ただ単に籍があるのとは、意味が違います。こうした家族にも似た、運命を共同する感覚こそが、集団の所属感と呼ぶにふさわしいものだと考えます。

Aちゃん成長無くして、クラスの成長なし、こうした感覚があってこそ、メンバーシップと言えます。アメリカの共同学習もここがベースになっています。

こうした意識があってこそ、子ども同士の受信機が高性能になり、周波数が同調してくるのだと思います。たとえ発達の課題があっても、集団としての学びが成立ための大切な要件がそこにあります。

朝、DSで、めちゃくちゃにならなくて、本当によかった。

改めて、問題行動とは、個の問題ではなく、関係の問題なんだと思い知らされたこの日の一日なのでありました。

FC2ブログランキング


↑どうかランキングも見てやってください。はげみになりますので,ご協力よろしくお願いします。

コメント
SHINOBU先生、頭ごなしで叱らなくてよかったですね。きっと彼は、大好きなSHINOBU先生に見てもらいたく。SHINOBU先生も体調悪くなく、心のゆとりがあり、そして学童へ行ったからこそ その日の1日はよかったのでは。太郎君の発想は、すごいですね!
【2008/07/20 17:47】 | まーちゃん #- | [edit]
太郎くん、SHINOBU先生にわかってもらってよかったです!! 私まで嬉しくて ほっとした気持ちになりました。 『わかってもらうため、自分を説明する言葉を持つ』って、集団の中出生活する時には、大切なものですよね。 言葉に問題がある子の場合、 『言葉にならないところを汲んでもらえる』ように、普段からの先生や子供に関わる人たちと連携をとっていくことの大切さを感じました。 
【2008/07/21 04:03】 | かたこ #- | [edit]
こんにちは^^*

私は17歳の娘、重度の発達障害・自閉症問題行動の多い子です
この夏休み。。。常にふつふつしていていつでも爆発します・・・

本人の気持ちの読み取りができません
見せたかった・・・という気持ちには
私は気がつけないと思いました。
ここがきっと私の問題なんでしょうね
どうしたらいいのか・・・
本当に頭痛めます
難治てんかんも持っています・・・
本当にこれから・・・どうしたらいいのか
思案中です・・・
【2008/07/21 16:18】 | チャピ #- | [edit]
まーちゃんへ

やっぱり人間ですから、体調管理は重要ですよね。心のコントロールも指導者には、必要なことですね。

改めてそのことの大切さに気がつきました。
【2008/07/22 06:34】 | SHINOBU #- | [edit]
かたこさんへ

コミュニケーションとは、そういうことですよね。

物事には、言語で伝わることと、そうでないことがあります。

言語は、その重要なな手段であるけれども、大切なのは気持ちや意志がきちんと相手に伝えられ受け止められるということですよね。

トータルでのその力を子どもにつけてやらなければなりません。ベースになるのは、愛情と心の通い合いでしょうか?
【2008/07/22 06:39】 | SHINOBU #- | [edit]
チャピさんへ

夏休みのケアは、大切な大きな課題ですよね。

私もうまく行かないことの方が多いので、お気持ち痛いほどわかります。

発想の転換・リフレッシュ・セルフコントロール・環境の整備・外部機関の上手な利用・それと思いを共感できる保護者の方とのおしゃべりなんかが、意外と効果的なような気がします。

信じられないくらいポジティブ発想の方、いらっしゃいますから、そんな方の元気を吸収するのも一手です。

沈没する前に、ちょっと空気を入れ換えるのも一工夫ですよ。
【2008/07/22 06:45】 | SHINOBU #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobu1.blog117.fc2.com/tb.php/198-10a3d195
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫