未来につなげる次の一歩

 2016-07-05
DSC00971.jpg







昨日から、園庭に花壇を敷設する工事が始まりました。

昨年秋に相談支援事業の開始にかかわる申請を行ったところ、通所支援施設であっても、市街化調整区域で相談支援事業を行うのは、新たに開発許可が必要になるということでした。


秋に申請を行い、審査会が春に行われ、敷地の3%を緑地にするという付帯条件のもと、開発許可が受理されたのが連休明け、

その間の設計事務所にお願いしていた事務手数料だけで、80万円を超える金額になるのです。


既にある相談室の一室を、相談支援事業として使用することに、これだけの手続きと費用がかかるのです。

補助金をいただいた施設ということや、借入金をお願いしている医療事業団に承認をいただくために、この間法務局に足を運び、測量士の方と、細かい点について、何度お願いやら打ち合わせやらをしたことでしょうか?


相談支援事業自体が、事業所に大きな利益をもたらすなんて、考えられません。

かけた費用がペイできるのは、何年先のことになるのでしょう?


現時点では、それに見合うだけの報酬が設定されているとは言えません。

相談支援の事業所が増えない理由の一つがそこにあります。


だからこそ今、白ゆりがやらなければならない、

事業の責任者という立場からは、ずいぶん迷いましたが、最終的に私は、そう決断しました。


私たちの進む先、

そこに子どもたちの笑顔があるなら、どんな労苦があろうとも、決して後ろに下がることがあってはなりません。


一歩でも前に進んでいこうとする方向感の先にこそ、未来を拓く何かが待っている、

子どもとご家族の願いを背負うものの責任は、ずっしりと重いのです。














FB-f-Logo__blue_58.png Facebook

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

↑ 大切さを全国に伝えたい! 応援の1クリックを よろしくお願いします。
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobu1.blog117.fc2.com/tb.php/1979-0ff94165
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
大切さを全国に伝えたい
Author:SHINOBU
新大阪教室

bnr_personal-osaka.jpg

今までにご覧いただいた方
 

百万アクセスまでがんばりたい

カテゴリ
最近の記事
月別アーカイブ