支援除去を極める旅路

 2016-06-28
DSC00956.jpg







大学で、応用行動分析を学んでいた時、支援除去(prompt fading)について学びました。

何かができない子どもには、その特性に応じた適切な支援を施して、その支援を段階的・意図的に除去していきながら、子どもの内発的な学びの欲求をを支えていく、


子どもを育てるという営みは、支援除去もしくはスモールステップ、あるいはその2つを組み合わせていくということ、

その提示の方法やとタイミング次第で、生きた教育にもなれば、死んだ教育にもなる、

その成果のあった実践を一つでも多く積み上げ、広くその有効性を世に示したい、


それがこのブログを始めたきったけでもあり、実践者としての私の旅路のスタートでした。

そのときの私は、まるで10年分のメシの種を手に入れたような、そんな気持ちでいっぱいになりました。


このブログを始めてから、8年以上になりますが、そのときの思いには微塵のブレもありません、

10年・15年・・

尽き果てるその日が来るまでは、生涯一実践者として、この道を歩み続けたい、


汲めども尽きぬ水、

その先にはいつも、子どもの笑顔が待っているのです。







FB-f-Logo__blue_58.png Facebook

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

↑ 大切さを全国に伝えたい! 応援の1クリックを よろしくお願いします。
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobu1.blog117.fc2.com/tb.php/1974-bd547c2d
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
大切さを全国に伝えたい
Author:SHINOBU
新大阪教室

bnr_personal-osaka.jpg

今までにご覧いただいた方
 

百万アクセスまでがんばりたい

カテゴリ
最近の記事
月別アーカイブ