支援者だから見えること

 2016-06-02
DSC00856.jpg






2歳くらい子から高校生まで、

年間10,000を越える個別レッスン、

私の幸せの根元は、すべてここにあります。


これだけのレッスンを何年も続けていると、「これは伸びる」 と確信する瞬間が時折あります。

この確信の実現率は、ほぼ100%、

これまでその期待が裏切られたことは、1度たりともありません。


そのことを感じるのは、決して順調に行っている時ではありません。

必死な思いで、ずぶずぶになりながら、母子で前に前に前にと進もうとしている足取り、

そのわき目も振らず、遠くを見つめる母子の目の色を見て、遠からずこの子は必ず化けると確信できるのです。


あの時、先生にそう言われましたが、その時はとても信じることは出来ませんでした、

先日、三重からお越しくださったお母さんが、しみじみ私にそう伝えてくださいました。


あの苦しい場面でも決して軸をぶらさず、何があっても前に進んで行こうとするその足並みの力強さ、

その足音が、本物であるかどうかが、私にはわかるのです。


逆に一時的に熱心な人であればあるほど、案外1年くらいで売り切れてしまうことが多いのも、まぎれもない事実です。

その途中の景色までは言い当てることはできませんが、やがてくるその日のことは、私には何となくわかります。


レールに乗っかって、オートマティックで、ただそれに乗っかっていればよいのであれば、どんなに楽なことでしょう、

一歩でも、半歩でも、前に進もうとしなければ、苦しみもなければ、困難もありません。


でも、それが子どものためになるのなら、あえて母は、いばらの道でも裸足で歩んでいこうとするのです。

それがもしも 深く、ゆるぎなく、本物であるのなら、どうして思いの叶わぬことなどあるでしょう。


歩むのは母であり、私ではありません。

そしてその歩みは、決して誰にも止めることは出来ません。


だからこそ私は支援者として、

遠くに見える希望の光を、笑顔でしっかりと、指差していかねばならないのです。






にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

↑ 大切さを全国に伝えたい! 応援の1クリックを よろしくお願いします。
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobu1.blog117.fc2.com/tb.php/1962-3104ceea
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
大切さを全国に伝えたい
Author:SHINOBU
新大阪教室

bnr_personal-osaka.jpg

今までにご覧いただいた方
 

百万アクセスまでがんばりたい

カテゴリ
最近の記事
月別アーカイブ