立ち止まらない者

 2016-04-29
大人は言葉でだませても、子どもの心はごまかせない、

裸の王様ではありませんが、子どもの感性にごまかしはききません。


ましてや、私の所に通って来てくれる子は、自分の命にピュアな部分をもっていますから、その人が自分にどんな気持ちで向き合っているのかを、瞬時に見抜いてしまいます。

それは、言葉ではなく、まっすぐな命で、物事を見つめているからだど私は考えています。


毎週金曜日、最後のレッスンは、中学3年になったりんちゃんです、

決まってりんちゃんは、私に 「今週は大阪?」  と聞いてきます。


うんそうだよ、と私が答えると、「そう?」 と言って、とてもうれしそうな顔をします、 

帰る間際になると、「先生、かっこいいよ、頑張ってきて」 と言って帰ります。


5年生のさきちゃんは、最近私とは別の先生と勉強している時間が多いのですが、その2人の先生に見送られながらも、帰る途中、振り返りざまに 「SINIOBU先生、かっこいい」 と大きな声で言って、みんなの爆笑をかっていました。


さきのちゃんは、まだ小学校2年生ですが、私のことを彼氏のように思っているふしがあって、「もうっ、先生はさきちゃんの彼氏じゃないんだよ」 と言うと、後ろでレッスンの様子を見ていた先生が、思わず吹き出していました。


この子たちは、どの子も、もう4~5年以上続けてレッスンをさせていただいている子です。

1年に3,000時間以上のレッスンを積み上げ、時間を走るように駆け抜けてきた私を、一番そばで見つめてきた子どもです。


ダウン児症の赤ちゃん体操の教室をのぞくと、たくさんの赤ちゃんが、一斉に私の方に目をやります、

私以外の誰かで、赤ちゃんが同じような反応をしている場面を、私はこれまで一度も見たことがありません。


何か目標をもって生きることの大切さ、

他者に貢献できることで感じる、肯定的な自分に対する見方、

この子たちのあこがれが、外見なんかであろうはずがありません。


言語に置き換えて物事を判断するのではなく、ピュアな感性でそのものを感じ取る子ども、

私が、自分の後ろ姿で子どもたちに伝えたいこと、


あなには、あなたにしかできない大切な役割をもって、この世に生を受けたのです。

どんなことがあっても私は、時間を駆け抜ける営みを、止めることはできないのです。















にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

↑ 大切さを全国に伝えたい! 応援の1クリックを よろしくお願いします。
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobu1.blog117.fc2.com/tb.php/1947-443cdbe7
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
Author:SHINOBU
新大阪教室

bnr_personal-osaka.jpg

今までにご覧いただいた方
 

百万アクセスまでがんばりたい

カテゴリ
最近の記事
月別アーカイブ