夢をもつ意味

 2016-04-23
「白ゆり発達支援センター」という文字の前に、私はあえて「岡山」という2文字を入れさせていただいています。

それは、発達支援にかかわるスタンダードモデルを、この岡山の地から全国に発信し、自分の夢に向かって歩み続けるという覚悟の現れです。


私は現在57歳、

この先私がどれだけ心血を注いで仕事に打ち込もうが、そうでなかろうが、給料自体は何も変わりません。


現状維持で、大きなミスもなく、守りに入って日々を過ごした方が個人としての生活は安定するのでしょうが 、私の家族は、そんな私を求めていないのだろうだと思っています。

そしてそれは、きっと私のレッスンを受けてくれている子どもたちが、一番敏感に感じ取る部分であろうとも思っています。


人には、夢に向かって歩む人の輝きを、心の芯で感じ取るセンサーをもっているのです。

私のレッスンに来てくれる子は、誰よりも自分の命に敏感な子が多いわけですから、そのセンサーの感度が鈍かろうわけがありません。


子どもの幸せを願い、日々夢をもって歩んでいる先生と、そうでない先生、

いくら理屈や言葉で取り繕ったとしても、子どもの感性までごまかすことはできません。

自分自身が熱い夢を持ち、打算を打ち砕き、力強く前へ前へと進まずして、どうして君に夢をもっていきることの大切さを語ることができるでしょうか?


たとえあなたがどんな課題に向き合っていようが、私はあなたに、夢をもって生きる子どもになってほしいと願っているのです。

そのことで、自分の命をさらに精一杯輝かせて生きる毎日を、プレゼントしたいのです。


今日は大阪、

来週は京都、

私には、土曜日も日曜日もありません。


屋根付きの屋内運動場を整備して,雨の日も自由に遊べる場所を、子どもたちにプレゼントしたい、

岡山に次の新しい事業所を作って、ご家族に希望の日数だけ、自由にご契約いただける環境を提供したい、


大切なお子様の成長と、ご家族の願いを託していただける誇り、

そこに向かう私の歩みに、立ち止まる時間など、必要ないのです。







にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

↑ 大切さを全国に伝えたい! 応援の1クリックを よろしくお願いします。
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobu1.blog117.fc2.com/tb.php/1944-14f75195
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
大切さを全国に伝えたい
Author:SHINOBU
新大阪教室

bnr_personal-osaka.jpg

今までにご覧いただいた方
 

百万アクセスまでがんばりたい

カテゴリ
最近の記事
月別アーカイブ