夢に向かって歩むこと

 2016-04-01
ずっと前のことになります。

名古屋で講演会をさせていただいた時に、当時の私としては、破格の講師料を頂戴しました。


当時 「白ゆり教室」 は、公的な支援が一切ない小さな個人の教室でした。

その時に、理科が大好きな子どもが一人いて、何とかその子に、きちんとした顕微鏡を買ってやりたいと思っていました。


そのお金で、早速、顕微鏡・ビーカー・試験管・アルコールランプなど、小学校での理科実験が一通りできる実験器具を、一気に揃えることができました。

その時の、飛び上がるようなうれしさを、今でも忘れることができません。


やがて利用者の数は、当時の何倍にもなり、その後、国や市の補助金をいただき、立派な建物を建てていただくまでになりました。

明確なビジョンをもち、真摯に子どもの成長と幸せを願い、その実績を積み上げていけば、どこからともなくお金は舞い込んでくる。

いつの間にか、私はそんなふうに思えるようになりました。


そういえば、初めて心の中に 「白ゆり教室」 のビジョンを思い描いた日の事を、今でもはっきりと覚えています。

それはもう、今から10年近く前のことになるのででしょうか?


研修で行った舞浜のホテルに通じる歩道橋の上で、

「もしも個別指導の教室を開いたら、月に20人とか来てくれるかなあ~」

「まさかね、そんなに甘くはないよね」

「でもそれがたった一人であっても、絶対にやってみよう」

そう心に描いた瞬間があることが、私の脳裏から片時も離れたことがありません。


今私は、例えば大阪の教室で、台風などでその日のレッスンがったの一人になったとしても、新幹線が動く限り、必ずお伺いすることにしています。

私の気持ちやスタンスは、あの時から、何一つ変わるものなどないのです。


そんな私が今、ここに通う子どもたちのために、屋内運動場を建設するという新たな夢を描いています。

あの日、20人が夢であった事業が、今では月間延べ782人、

あきらめなければ、夢はかなう、


夢に向かって、生きていくことの出来る自分を、私は、何よりの幸せに思っているのです。







にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

↑ 大切さを全国に伝えたい! 応援の1クリックを よろしくお願いします。
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobu1.blog117.fc2.com/tb.php/1936-ab6b388e
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
Author:SHINOBU
新大阪教室

bnr_personal-osaka.jpg

今までにご覧いただいた方
 

百万アクセスまでがんばりたい

カテゴリ
最近の記事
月別アーカイブ