研究者と実践者

 2016-02-28
DSC_0005.jpg






週末は、大阪でのレッスンでした。

27日に「ダウン症療育研究会 20回大会」が、新大阪で開かれることは、以前から存じ上げていました。


私の所では、ここ数年、毎年1名ずつダウン症児のための赤ちゃん体操指導員の講習を受けさせていただいている関係で、職員が何度も研究大会におじゃまさせていただいています。

この日は、うちの主任さんが、赤ちゃん体操指導員の認定証をいただくこともあって、会に参加させていただきました。


新大阪の教室と会場とは、ゆっくり歩いても10分とかかりません。

当日は、朝から晩まで10連続レッスンのご予約をいただいており、会への参加はできませんでしたが、お昼すぎのレッスンに1つキャンセルが入った関係で、会場にご挨拶に伺うことができました。


上地先生のご紹介で、何人かのかたにご挨拶をさせていただくことができました。

私が実践者として活動をさせていただくことが出来るのも、先生方のご指導あればこそと、普段から感謝の気持ちでいっぱいでした。


研究に真摯に取り組んでくださる方がいればこそ、私たち実践者のなすべき役割は明確になっていく、

私は研究者にはなりませんし、なれませんが、研究内容からかけ離れてしまうことは考えられません。


これからも先生方にご指導をいただきながら、大切な実践を、一つ一つ積み上げていきたい、

そのことが最も自分らしい生き方であり、持ち味なのです。


一人の子に寄り添うことからスタートし、岡山の地で果たす私たちの役割も、日に日に大きくなってきました。

研究者の皆様の横顔を拝見しながらも、私はこれからも、多くの実践者を育てて、多くの子の成長と幸せに寄与していきたいと、心の底から感じることが出来たのでありました。





にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

↑ 大切さを全国に伝えたい! 応援の1クリックを よろしくお願いします。
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobu1.blog117.fc2.com/tb.php/1923-b4250f12
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
大切さを全国に伝えたい
Author:SHINOBU
新大阪教室

bnr_personal-osaka.jpg

今までにご覧いただいた方
 

百万アクセスまでがんばりたい

カテゴリ
最近の記事
月別アーカイブ