公開保育

 2016-02-26
DSC00759.jpg






先日、白ゆり保育園の公開保育があり、同ブロック約30名の先生方にお越しいただきました。

もしかしたら、何人かの先生が発達支援センターの方にも見学に来られるかもしれない、と聞いていました。


ところが、いざふたを開けてみると、全員の先生がぜひ見たいとおっしゃってくださり、突如遊戯室が見学の先生方で満杯状態になっていました。

私も個別のレッスン中でしたし、事前にいつお越しくださるか、一体何人おこしくだるかもわかなない状況でしたので、予想をはるかに超えた出来事に正直驚いてしまいました。


特性理解と深い愛情、行き届いた支援内容と環境構成のもと、どの子も主役となれる場の構成、

事前の準備も特別な備えも何もせず、いつも通りの活動であったがゆえに、逆にライブ感満載で、とても活気のある子どもたちの活動を見ていただくことができました。

普段見せたことのない様な子どもたちの笑顔、

何らかの障がいのある子が、20名近く一堂に集まっての活動は、見てくださった先生方にとても大きなインパクトを与える結果となりました。


地域の幼稚園、保育園にしっかりとした居場所があるからこそ、発達支援センターの役割は初めて生きる、

私が常日頃主張してきた内容を、この日具体的にお示しすることができたので、何だかとてもうれしい気持ちになりました。







にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

↑ 大切さを全国に伝えたい! 応援の1クリックを よろしくお願いします。
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobu1.blog117.fc2.com/tb.php/1922-57b1a01c
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
大切さを全国に伝えたい
Author:SHINOBU
今までにご覧いただいた方
 

百万アクセスまでがんばりたい

カテゴリ
最近の記事
月別アーカイブ